我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 04日

禍福

6月4日  (火)

今日 退院できました。 手首の骨折なんで 骨がくっつけば治る。 
昔なら じーっと我慢でそのうちに治っている。病気とは呼べないただの怪我でしかない。

▼ 骨折した部分に金属プレートを埋め込みボルト?で固定するだけで、通常より5週早く完治できるそうだ。
手術のおかげで痛みはなくなり、キーボードを右指に打つくらいはできるようになった。

「禍福は あざなえる 縄のごとし」という故事がある。
災いと幸福は表裏一体で繰り返しおとずれるって意味です。

福分は「天から与えられた幸運」のことで、「福分のある人」は、いつも幸運を呼び込む人のこと。

ならば「禍分」というものがあるのではないだろうか?と臨床心理学者の河合さんという人がいっている。

天から自分の人生に与えられたものは天分であり、それを考え方やとらえ方により「福分」・「禍分」と考えたほうが なにやら楽しそうである。

同じような言葉で「災い転じて福となす」ってある。

▼ 右手首を骨折した状況は、カメラを片手にバックして縁石に躓き後ろ向きに転倒した。 右手でかばったため手首の骨折で済んだが、仮にかばう前に後頭部でも打ってれば死んだかもしれない。

▼ 入院中はタバコが頭から離れなかった。 これを契機に「禁煙」できれば 
・・・・・・・・・と思ってる。
[PR]

by wagayanao | 2013-06-04 16:51


<< 先祖返り      ニュースとブログ >>