我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 18日

エイリアン

6月18日  (水)

映画はほとんど見ない。 まして特定ジャンルのホラー映画ならなおさら。

昨日から我が家の大自然で「エイリアン」もどきの場面が見られた。 

アゲハの幼虫に小さいハエが刺さっているような感じで、細い棒(松の葉)で払ってもなかなか取れない。

で ネットで『アゲハ幼虫・ハエ』と検索したら、『アオムシコバチ』というハチの小さい奴だった。

で、そいつはなかなかの曲者。 アゲハの幼虫は1齢幼虫から5齢幼虫と大きくなり、そのあとに「サナギ」に変身する。
『アオムシコバチ』は賢くて、5齢幼虫まで育った幼虫にしか卵を産まない。 アオムシコバチの卵が体内に入ったアオムシは「サナギ」となるが、羽化するまえに体内に生まれたアオムシコバチの幼虫が育つそうだ。

なんとも 恐ろしい光景。

実際の場面を想像してみれば「サナギ」からきれいな蝶が羽化するのではなく、かわりにウジ虫のようなやつが体内から湧いて出る。 なんとも可哀想な残酷な光景でしょう。

下の写真はアオムシコバチは1・2匹しか写っていないが、退治したあとの撮影です。5・6匹はアゲハの幼虫に卵を産んで?いました。

b0193252_2054196.jpg

b0193252_20543411.jpg

b0193252_20545528.jpg


しかし、5齢幼虫にしか卵を産まない なんて あの小さいハチはどこで見分けんですかね?

どうせ産みつけた幼虫は死ぬんだから、2齢幼虫でも3齢幼虫でもかまわないと思うが、

実際 この木(グレープフルーツ)にはもう1匹(4齢幼虫)がいるが、そこには誰もたかっていない。

↓は幼虫からウジ虫がわいてくるような画像に加工したけど、実際はサナギからウジ虫が湧いてくるみたい。
b0193252_2058233.jpg

[PR]

by wagayanao | 2014-06-18 21:05


<< 率      何ともはやー >>