我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ

2011年 05月 08日 ( 1 )


2011年 05月 08日

べっ甲

5月8日  (日)

毎年5月の連休に亀の水槽掃除をやっている。 今年は2・3日遅れた。 

最後の掃除は11月上旬だから、半年ぶりの掃除だ。 これからは月イチのペースかな?

b0193252_19352447.jpg

台湾ハナガメという名前の亀。 我が家にきてから7・8年。 この亀は成長は遅いようだ。

b0193252_19371659.jpg

この亀はミドリ亀。 祭りで売ってる小さい亀はかわいい。こんなになると指を近づけると、かみついてくるから 怖い。
b0193252_19422322.jpg

b0193252_19425066.jpg

b0193252_19433731.jpg

甲羅の背中(黒い)ほうより腹(黄色)のほうが「べっ甲細工」では高価らしい。

今はワシントン条約でタイマイ(亀)の輸出入が禁止されているため、べっ甲は手に入らない貴重品になってきている。
この亀を、あと10年も育てれば 老人の「こづかい」程度の稼ぎになるかな?

いや なりっこない。加茂山公園の池などに「いっぱい」いるから。

ネットに「連坊氏・厚労省を批判」とあった。

またかよぉぉーーー。  連坊 お前までかよぉぉーーー。

点数稼ぎの国会議員の多い事。 情けない。

そもそも生肉事件は法令には違反はしてないようだ。 行政(厚労省)は法律・条例により業者の許認可や罰則(営業停止)など安心・安全のために仕事をしている組織のはず。

たとえば今回の震災でも倒壊しないような建物でなければ、確認申請(建物の着工前の申請)は受理しない などと建設課(行政)は言えない。
あくまでも 現時点の法律が優先のはず。

連坊氏が厚労省を批判などできない。 せいぜい課長通達を速くして、【生肉の流通を抑制して】とお願いするのが筋。  その場合も前に問題があったが、責任はその課長とその上司にある。

連坊氏は厚労省を批判する前に、生肉の規制の法律を国会に提出・可決するのが本来の仕事だ。

前にブログに書いたが、「クマの出没」の質問をした国会議員がいたが、レベルはそれと変わらないかそれ以下の行動だ。
[PR]

by wagayanao | 2011-05-08 20:23