我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ

2013年 05月 29日 ( 1 )


2013年 05月 29日

ニュースとブログ

5月29日  (水)

誰に どう みてもらいたいという気はさらさらないブログだが、今日の「ネタ」がない・・・・なんて思うことは多少なりとも意識とは違う方向に向いてるかもしれない。

昨日・昨日のニュースからです。

▼ 中央競馬会所属の馬が骨折したという。 たかが馬が足の骨を折ったくらいで治療せずに ほとんどの馬は「安楽死」だという。

医療の発達した現代でも、馬のギブスとか 馬のベッドとか開発できないんだろうか? 

なんとか治療を施し、延命治療とはいわずに、生きるだけ生かしたほうがいいように思う。

「安楽死」って人間の都合で、馬が「苦しい・ 苦しい」って言ってるわけでもないだろう。

▼ 日本株が大暴落って大騒ぎだ。

どうやら個人投資家とか仕手筋とか海外投資家などの従来の売買ではなさそうだ。

コンピューターで1/1000秒単位で売買ができる仕組みになっているという。

その名義人は売買ごとに現金決済もコンピューターまかせなんだろう。
こんな機械的な血の微塵もない取引でいいのだろうか?

将棋ソフトがプロ棋士に連戦連勝というニュースもあった。

競馬ソフトを開発し、大儲けした個人もいた。 対して税務署は勝ち金の税金を納めろといい、そのかわり負けた金は経費として認めてくれるという。

なら
一般人も競馬で勝った金を雑所得で申告し、負けた金は経費として所得税は激減できる。
なんともおかしな話だ。

株も将棋も競馬も「人間 対 コンピューター」っていう図式だが、なんだか血の通わない 殺伐とした世界になりそうで 怖いようだ。

骨折した馬も安楽死でなく 他の選択肢ってないもんだろうか?

▼ まぁー とにかく現代人は急ぎすぎの傾向で 人生のゆとり ってもんが感じない。

江戸時代に「節季払い」という風習があった。

節季とは逆の季節と思えば判りやすい。 支払いは季節の筋目で払う習慣の事です。

武士は殿様(社長)から師走になると禄高に応じて「米」をもらう。

その「米」を自分たちで食べる量を残して「札差し」という、米の仲買をする商人に売り、その現金で1年間分の支払いをした。

武士は収入も支払いも1年間で1回だが、小商人や職人はそういうわけにはいかない。

それでも 現金取引でなく、支払いは1月1日・3月3日・5月5日・7月7日・9月9日と決まっていた。

その後は大晦日に払っていたそうだ。

9月9日は重陽(ちょうよう)という祝い日だそうだ。

たんに節句だけを喜んでいたわけでなく、正月・お雛様・端午の節句・七夕様とお金が入ってくるから、家族全員で節句の日を祝ったんでしょうね。

▼ なんだか江戸時代の商習慣の方が、普段の生活(家族関係・近所付き合い)が楽しくなりそうだ。

▼ お金を貰えないかもしれない? あぁ~お金を貰えた・・・・という気持ちが万物に対しての感謝の心の第一歩だ。

オレは馬年だが馬に生まれてこなくてよかった。 今頃「安楽死」の注射をブスッって差されたかもしれない。

骨折の手術のため10日ほど ブログ休みます。040.gif040.gif
[PR]

by wagayanao | 2013-05-29 16:32