我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 31日

雪国の春

3月31日  (木)

今日で3月はおしまい。

1月の豪雪は、過去の思い出となった。

それにしても よく降ったもんだ。 雪降ろしの作業中に死亡事故(高齢者)も毎日のように報道された。

雪降ろしを業者に頼むと作業員一人あたり2万円。それが1週間もすると3万円に値上がりしたそうだ。

需要と供給のバランスだから しょうが無い。  なにか足元を見る商売って「やだね」。

我が家の「カタクリ」も葉っぱが2枚広がり、もうじき咲きそうだ。

スイセンも少しずつ大きくなってる。

あと10日もすれば、近所の「モクレン」も咲くだろう。

心配なのは、去年「サナギ」のまま越冬した、「黄アゲハ」だ。

無事に「羽化」してくれ。

福島原発の普通作業員は日当4万円が40万円になった??。 これは今、工事をしてる現場での話なので「デマ」かも知れない。 命の危険が日増しに強くなる状況だから、普通作業員の日当も上がることは確かだろう。
[PR]

by wagayanao | 2011-03-31 21:19
2011年 03月 30日

法律

3月30日  (水)

ある程度の規模になると、建物の用途と床面積により消防設備の設置が義務づけられている。

屋内消火栓設備・スプリンクラー設備などが代表例だ。 特殊な例はCO2設備や泡消火設備などがあり、火災により水で冷却すると都合が悪い時の消化設備だ。

スーパーなどでは、避難設備として外部に大きい非難階段を設けている。

スーパーの非難階段は 昔 大手スーパーの火災で死傷者が大勢でてから、消防法が改正されたと記憶している。

事務所ビルや工場・商業ビルは商売に直接関係ない設備を消防法という法律があるので、「ケチ」なオーナーでも設置せざるを得ない。

原発となると「法律」なんて言ってられない。 震災がおこるまで安心・安全と国も叫んでいた。

確かに建物は、普通の鉄筋コンクリートの壁厚は120mmくらいだが、原発となると間仕切り壁でも、1mはあるそうだ。
建物は地震に対して強いのは検証されているが、設備機器や人為的な初歩的なミスで過去にトラブルが多発している。

法律に網羅されていないトラブルを真剣に考えるべきと思う。 今回の事故では「想定を超えて」と済ませることはできない。

法律に触れることはないので、東電の社員は告訴もされない。

自動車での事故では、運転者の過失がほとんどなくても、「安全運転義務違反」なる法律で罰せられる。(事故がおきれば)

原子力保安委員会は「安全運転義務違反」の法律をつくるかもしれない。

柏崎・刈羽原発で中越沖地震でトランス?から火災があり、その後 復旧するまで何回も事故を起こした。
その事故後に新潟(泉田)県知事に東京電力の社員(社長)が謝りにいった報道がされたが、「安全運転義務違反」の法律があれば、謝りに行く前に逮捕される。

そんな法律ができれば『想定外』なんて言ってられない。
[PR]

by wagayanao | 2011-03-30 20:35
2011年 03月 29日

消防団

3月29日  (火)


今日の新聞で岩手県大槌町の消防団第一分団の紹介があった。

第一分団は大きな単位でその中に 各部がある。 第3部は防潮堤が100m間隔で8か所を閉めるのが、彼らの役目だそうだ。

幸い彼らは 間一髪で最後の門を閉め切、津波を後方に見ながら退避できたという。

住民が高台に避難してる最中に津波に向かって防潮堤を閉めにいった消防団員もいたそうだ。

火の見櫓に登って、緊急時以外鳴らす事のできない「半鐘」を打ち続け、火の見櫓と共に行くえ不明になった団員もいた。

涙がでます。

オレも若いころ消防団員だった。

たまたま夜 女房が家にいない時、火災出動だった。 子供はまだ幼稚園。 
子供に事情を説明し、もうじきお母さんが帰ってくるから、「それまでいい子で我慢するんだよ」というと幼児ながらも大変な事態と思ったのか、「ストーブ」を自ら消して「わかったよ」と言った。

10月末にお年寄りが「キノコ採り」に行って行くえ不明になった。3日目に入り、ず―と冷たい雨が降ってる。
団員が1m間隔で横列で山の上から下へ捜索する。
だれか「イタゾ―」の声が出ないかなぁー。と思っていた。 発見したいのは当たり前の話だが、生きていれば良いけど、「死体」だったら嫌だった。

被災地の自衛隊員もほとんど、遺体探しが任務だそうだ。 みんなオレと同じ気持ちだろう。

遺体を見つけるたびに、そのグループは合掌してるそうだ。

いくら 仕事・任務だからといって、過酷な仕事だ。 

まだ安否不明者がかなりの数だ。

遺体の損傷もだんだんと激しくなってくるだろう。

消防団員もなり手が不足している。 この震災を契機に自衛隊員のなり手も不足するだろう。
[PR]

by wagayanao | 2011-03-29 19:44
2011年 03月 28日

負けた

3月28日  (月)

東北と日本文理 負けました。

明日から気持を切り替え、大垣日大と九州国際付を応援しよう。

『負けパターン』

四球でノーアウトのランナーを出す。⇒バントを決められ進塁を許す⇒バッテリーミスで暴投しノーアウトのランナーを3塁まで進塁させる⇒犠牲フライ・スクイズ・併殺クズレなどで点をとられる。

暴投でなくとも、野手のエラー(普段の練習で難なくさばけるボールでも)


この「負けパターン」はどのチームも「負けパターン」にならないように、練習してるんだろうが、甲子園にでるチームでも、この「負けパターン」は克服できないようだ。

『負けパターン』を9回ゲームセットの声がかかるまで、出さなければ『負けないパターン』になり、勝ちにつながる。

言葉でいうと簡単なんだけど、どの高校生もそれを知って練習しているんだから、負けたチームを批判するのはよくない。

この次(夏) 頑張れよ。 066.gif
[PR]

by wagayanao | 2011-03-28 21:55
2011年 03月 27日

楽しみ

3月27日  (日)

こんなブログを書くと被災者には申し訳ない。

明日の高校野球 東北高校VS大垣日大 ・ 日本文理VS九州国際大付 を楽しみにしている。

長い冬が過ぎ、3月後半になればプロ野球・Jリーグサッカー・ゴルフとプロスポーツを楽しめる。

震災と電力需要のため自粛ムードが漂ってる。

日本全体が沈没してどうなる。

今こそ震災と直接関係ない人達が今まで以上に活動するべきだ。不要な買いだめや節電、収入の一部を義援金にも回せる。

1か月・2か月の単位ではないだろう。

それをやった人は見返りに心が豊かになり、安らぐだろう。

立身出世ばかりが人生でない。

国会議員の給料3割カットなど報道された。 反対する議員って勇気?あると思う。

明日は全国的に天気がよさそうだ。 好試合になってほしい。

できれば、日本文理と東北高校勝ってくれ。
[PR]

by wagayanao | 2011-03-27 18:18
2011年 03月 26日

残念

3月26日  (土)

頑張れ・頑張れ と 応援しても「ゲームセット」の声とともに試合終了。

頑張っても「ダメ」なものはダメなんです。 

佐渡高校の皆さん。残念でした。
この くやしさを明日からの練習で新たにガンバレ。

我が子も大学受験は残念な結果だった。明日からまた頑張って勉強すればいい。

残念な結果も次の機会があれば「ガンバレ」る。

福島・宮城の被災した沿岸部の人達は、家・車・船・農機具など高価な形あるものを一瞬で失った。

「ガンバレ」といっても 何を「ガンバレ」ばいいのだろう。

今までの経験を生かした仕事がすぐにあれば、まだいいけど その仕事場も被災していれば、どうにもならない。

「ガンバレ」る機会・方法・援助って無いのだろうか?

高校野球が開幕して今日で4日目。半旗での開会式だった。

今日から朝日新聞は通常通り「カラ―」の紙面にもどった。高速道路も一般車両が通れるようになった。

仮説住宅もだんだんと建っている。

その仮説住宅付近に被災者優先の仮説作業場のようなものができないだろうか。

内職程度の仕事付きで。  

「ガンバレ」る気持ちを失うことが一番よくない。
[PR]

by wagayanao | 2011-03-26 20:32
2011年 03月 25日

基準って

3月25日  (金)

基準を設けるのが好きな国民が日本人。

その基準を下回った商品に敏感な人間も日本人。

耐震基準などがあり、何年か前 「設計偽装」(アネハ設計?)が社会問題になった。 その物件が今回の地震で、どの程度被害にあったのだろうか?  三条でも東三条駅近くのマンションも対象だ。

中国から輸入されたオモチャや歯ブラシ(ホテル用?)に何かエタイの知れない成分が含まれているといって、社会問題になった。  どの程度被害者が出たのだろうか?

国内で採れた米?野菜?に残留農薬が入って新聞沙汰になったこともある。

そのたびに大騒ぎするのが日本人。

あまりにも平和ボケ に なったからじゃないのか?

戦地で水・食糧のない兵隊さんは誰一人 そんな事を言う兵隊さんはいない。

これも 戦争の負け戦の時の基準と 平和な日本の基準ということか。

この震災を教訓として新たな基準を「緩和」したり「厳しく」したり法律を作り替える動きが出るだろうが、公序良俗に反する事でない限り、個人の判断で行える基準も必要と思う。
[PR]

by wagayanao | 2011-03-25 20:56
2011年 03月 24日

資材

3月24日  (木)

資材が手に入りにくくなりそうだ。

新潟の高校でトイレの改修工事をやってる、工期は4月3日までだ。
手荒い器や便器は「TOTO]の予定だったが震災後入荷のめどが立たないとの事。

「INAX]に変更したが、3割ほどしか調達できそうもなく、工期を大幅に延長願いをしたそうだ。

幸いにも今日連絡が入り、予定通り納品できるらしい。

メーカーが違えば配管の位置も違うため、手直しも必要な場合もある。

管の材料も問屋に入って来ないらしい。 どの業種も同じだろうが「工期」は絶対守らねばならない事項だから、請負工事は大変なことになりそうだ。

お客から「なんとかしてくれ」と言われても、材料が無ければどうにもならない。
[PR]

by wagayanao | 2011-03-24 20:59
2011年 03月 23日

1勝

3月23日  (水)

春の高校野球 東北6県を応援しようなんて、前にブログに書いたが、春は選抜だった。各県1校ではなかった。

福島県のチームを応援しようにも出場してなければ、無理だった。

開幕試合 日本文理高校 完勝でした。 でも9回の表1点を返され、2年前の夏の甲子園を思い出す。
ツーアウト ランナー無しの場面から 逆転まで一歩まで迫った事を。

最後の打者をセカンドゴロに仕留め ゲームセット。

次の対戦チームはホームラン攻勢で勝った「九州国際大学付属」だ。

次の次の対戦チームは「天理」か今日勝ち上がった「北海」だ。

次の次の次の対戦チームは「京都成章」かな?

そこを勝ち上がれば決勝の相手チームは何と 「佐渡高校」だ。

選抜に新たな歴史ができる。

夢の夢の夢の話でした。
[PR]

by wagayanao | 2011-03-23 20:13
2011年 03月 22日

勇気と思いやり

3月22日  (火)

TVはあまり見ない。  被災の状況や原発のニュースなどは見たくない。

そのかわり、仕事の道中ではラジオを付けっ放しだ。

今日も被災者を励ます、メールやFAXの紹介していた。 いつも女性と男性が交互で紹介し、それに対するコメントをしている事が多い。

紹介している時、女性でも男性でも時々涙ぐんで読みあげているのがよくわかる。

今日の昼時のラジオ番組は男性一人の番組だった。  励ましのメール?を読んでる時、その男性は涙ぐみ空白の時間がかなりあった。

そんな励ましのメールやFAXは被災者に送られたものでない事に気付いた。

もちろん送り主は少しでも被災者を元気づけようと送ってるだろうけど、何も関係ない俺たちをも励ましてるように聞こえる。

不景気の世の中だけど、もうちょっと頑張って仕事をしよう・・・と聞こえる。

回りの人、家族・・・もっと優しく接しよう   とも聞こえる。

被災者には申し訳ないが、何か日本の団結力が一段と高まったような気がしてきた。

そして勇気と元気までもらったようだ。

子供が寄付で被災者の支援をしたように、オレもできる範囲で支援をしよう。

まずは仕事をする事。節電に努める事。1円でもいい寄付をしよう。 

1円を1億人が寄付すれば、1億円だ。40Wの電灯を1000万人消灯すれば、40万Kwの省エネだ。

東京電力の発電能力は3700万Kw?  計算間違いかも知れないが、1%の余裕の電力が生まれる。

我が家は東京電力じゃなかった。  東北電力だった。

まぁ どちらも大変なんだからね。
[PR]

by wagayanao | 2011-03-22 21:02