我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2011年 04月 30日

竹の不思議

4月30日  (土)

得意先の藪(ヤブ)の片づけに手伝いに行ってきた。

道路際に黒竹(3・4m)が生えている。ユンボでバリバリとなぎ倒すと、下はアスファルト。

根は土を寄せる不思議な能力があるもんだ。 アスファルトの上には10cmくらいの土だった。

もうひとつ関心したのは、竹の節から出ている枝。

竹の枝は節からしか出ない。 節と節の間からは枝は出ない。 その枝の出方がなんとも律儀なんだ。

右に出た枝の上は180度左。その上の枝は180度右。 その繰り返し。

決して、右・右・左 や 螺旋(ラセン)状には出ていない。  じゃぁー 正面から見た黒竹は黒竹らしく見え、90度左(右)から見ると 1本の竹にしか見えないかというと、そうでもない。

ちゃんとどの方角から見ても竹に見える。

節から出た枝は、これまた、見事に2本だけの枝(元の部分)。

1本の枝でなく、3本の枝でもない。

その枝がどんどん枝分かれして、どの方角から見ても竹に見える。



もうじき我が家にあちこちから タケノコが届く、1カ月タケノコご飯。タケノコのおつゆ。タケノコの油いため。晩酌のつまみはタケノコの刺身ときたもんだ。


今日もどうでもいいブログでした。
[PR]

by wagayanao | 2011-04-30 20:23
2011年 04月 29日

春の小川

4月29日  (金)

はて?今日は何の祭日? 昔の天皇誕生日だったような?

5月の連休は農家じゃないけど、かなり忙しい。  だっちもない鉢の植替えが待ってる。

亀の水槽掃除も最低 半日かかる。

そんな訳で、午前中は畑仕事。(主に雑草とり) 午後からは俺の趣味のサボテンの植替え。

といっても真面目にやると3日はかかる。 今年は植替え 中止にしよう。

種から育てたサボテンだけは、植替えをしなければならない。

植替えの様子です。

b0193252_2162490.jpg

b0193252_2165589.jpg

木の箱は前から作っておいた。 サボテンの大きさは3mmくらいから15mmくらいできれいに並べて植替えは面倒なので、樹脂の安いポット(使い古し)を底を穴をあけ そこに植えます。
コーヒーを飲みながらの楽しい作業です。
b0193252_2111944.jpg

b0193252_2110327.jpg

サボテンの土は赤玉・培養土・腐葉土を適当に混ぜます。
b0193252_2114137.jpg
b0193252_21143884.jpg

箸を使って「丁寧に」じゃなく 無造作に「サッサ・サッサ」と植え付けます。
根っこを切ろうが、土が被ろうがお構いなし。 根性のあるサボテンだけが「生き残る」。

植替えの途中に仕事の電話が入り、今日はこれでおしまい。

お客さんへ向かう途中の小川です。 今 田んぼに水張りの真っ最中。
b0193252_21213570.jpg

[PR]

by wagayanao | 2011-04-29 21:24
2011年 04月 28日

復興計画 続き

4月28日  (木)

昨日の続きです。

震災の被災地のうち 沿岸部と福島原発30Km圏内を「土地」と「企業」と「人」を国有化する。
(期限付き)

初期のソビエト・北朝鮮と同じ政策をするのです。

東北沿岸国と呼び、その年間予算は20兆円。 そのお金は国債で日銀が全額買い取り、日銀が紙幣を印刷する。
東北沿岸国はそのお金と東電からの賠償金で復興する。

ジイチャン、バーチャンも体の動ける人は全て仕事をしてもらう。 ガレキの処理・道路や橋の復旧・学校の整備・田畑の草取り・田んぼの復旧・住宅の建設など 仕事はいくらでもある。

国有化の期間中は働いた報酬はすべて給料として本人が受取る。

とにかく被災地の人に仕事をしてもらって元気を出してもらうのが一番。 急を要する事業は県外の企業に外注すればいい。

いくらかは収入(利益)が生じる訳であり、その収入はそのまま来年度予算に計上すればいい。

もちろん個人の住宅や工場の新築・改修費用は期限が過ぎればローンで返却(日本へ)してもらう。

国債の20兆円は金利「0」。 誰もそんな国債は買わないから、日銀が買って、日銀が20兆円分 紙幣を印刷する。

そんなことすると、インフレどころか国際社会から日本は信用を失い、それこそ日本沈没で立ち上がれなくなる。

昨日のブログ書いたが、20兆円の担保を差し出すのです。 

その担保は「自衛隊」。 自衛隊の背後にはアメリカがしっかりとついてます。

日本がそこまで固い意志表示をすれば、1年間で20兆円くらい印刷しても国際社会はどの国も文句をいう国はないでしょう。

高橋是清も坂本竜馬も志半ばで暗殺された。 

八方美人では何もできない。

菅さんも身内にも敵がいるが「ここが踏ん張りどころ」だ。


種を植えてみました。
b0193252_2153492.jpg

b0193252_21541654.jpg

まだ寒いので 発芽するまでサランラップ?で保温です。

アゲハ用に「セリ」を移植しました。
b0193252_21563667.jpg

20cm以上になるのでこの鉢では小さすぎます。
b0193252_21573778.jpg

ふたまわり大きい鉢に植え替えます。
b0193252_2159718.jpg

植替え中に青虫を発見。 どうもこいつは アゲハの幼虫でなく、モンシロチョウの幼虫?かな?
b0193252_2203425.jpg

植替え完了です。 
大きくなるまで、しばらく室内(玄関)で育てます。 
[PR]

by wagayanao | 2011-04-28 22:10
2011年 04月 27日

復興計画

4月27日  (水)

復興計画といっても国は国の出先機関の修理。(国道・法務局等の建物など)

市や県はその管理している施設を修理。(市道・県道・学校・文化会館など)

市・県・国は執行できる予算により緊急度の高い順番から整備するだろう。(道路や学校から)

それも何年 要するかもわからない。 

困るのは 被災者だけだ。
数週間前に菅総理は期間を3段階に分け、復興すると言っていた。

よく覚えてないが最初の3年(5年)次の3年、最後の完成の3年と復興する計画をたてた。

現状と同じ規模に復興するのではなく、地域の特色を生かし、少子高齢化に対応する復興と いっていたようだった。

この震災での被害額が20兆円ともいわれ、原発の補償などで40~100兆円かかるとも言われている。

復興構想会議なるものを設立し、防衛大学校校長「五百旗頭真」氏が議長だそうだ。
(なんて読むんでしょう?)

メンバーはほとんど民間人。 国会での上げ足取り名人、野次名人 ・ 事業仕訳でTVで人気者になった議員 だれもいない。

国会では構想会議のメンバーだけを非難(菅総理に近いメンバーだから)しているだけ。内容には賛成もしなければ、反対もしない。
これじゃぁー 「菅降し」で小沢氏が総理になっても、政権交代して自民党が政権をとっても 3者で足の引っ張り合いの構図は変わらない。

困るのは被災者と国民だけ。

福島・宮城・岩手の沿岸部の被災地を全て国有にしたらどうだろう。個人の土地・住宅、田畑、漁港、道路、学校、役場、市役所 すべて国が管理する。

ジイチャン・バーチャンが畑で野菜(福島県産のホウレンソウ)を作っても、国がそれを買い上げ労務費をジーちゃん・バーチャンに支払う。
原発近海で獲れた魚も国が買い上げる。漁師さんに労務費と必要経費(船の原価償却費等も)を支払う。

市道・県道も国が管理する通行は関係者は無料とし、県外からの野次馬根性の連中からは通行料をとる。

被災した住宅や工場の立て直しは国が別の土地に立て直してやる。

その国営事業の予算は100兆円を超えるだろう。

年間20兆円の復興国債を発行して日銀が買い取る案はどうだろう?

国債の日銀買い取りは過去に例がある。(高橋是清が先例であり、その後バカな軍もやりインフレをおこした)

1000兆円の累積赤字国債があり、巨額の国債なんて無理であり、ジンバブエのような国家破たんのインフレも考えられるが、復興国債に【自衛隊】の担保をつけたらいいと思う。

(担保の【自衛隊】は背後にアメリカあり の 含みあり)

万が一復興国債の買い取り者に満期日に払えない時は、自衛隊の装備・武器で支払う。

被災地の国営事業はもちろん時限立法措置で10年から15年程度とし、それ以降は住宅や工場はその使用者に買い取ってもらい、学校や道路などは市・県に払い下げる。

発行した復興国債の半分は回収し、回収できない分は国有(県・市)財産になるわけであり、問題はない。

こんなことどうでもいいが、消費税UPにしろ、他の新たな税金にしろ 一番いい方法を考えるのが国会議員である。

高橋是清は仙台藩の足軽の養子だ。 

あほな「菅降し」を叫んでる国会議員さん 高橋是清の「爪の垢」でも飲んでみたらどうですか? 



復興計画は続編あり。

なんかねぇーー。被災者に何をしてやれるかのか「ボーっ」と考えてたら 被災地の国営化に行きつきました。

原発被害の膨大な賠償金を国民の負担にしたり、賠償金をもらっても そのお金を有意義に使いこなせない。 そして誰もが賠償金で幸せに生活はできない。

知恵を出してほしい。 特に国会議員さん。 小沢・鳩山さん。
[PR]

by wagayanao | 2011-04-27 22:04
2011年 04月 26日

人間の顔をした妖怪

4月26日  (火)

YAHOOのトップニュースに「鳩山・山岡氏ら【菅降し】勉強会。60人出席」とあった。

半年前 経済停滞・予算作成・財政難の大変な時期に民主党の総裁選を強行したのは、規則だから「やむおえない」かと少し疑問があったが、今回は違う。

【原発はもはや東電の責任範囲をとうに超えた。】

【被災地の復旧(復興)計画も全然できていない。】

未だ 【行方不明者1万人以上・避難民13万人以上いる】中で、責任政党である党の幹部が「勉強会」なぞをしている暇があるのだろうか?

頭の悪い党員のための 原発や復興計画の勉強会 なら話はわかる。

表向きは「統一地方選の敗北」が、勉強会の趣旨のようだが実際はどうなんだろう?

今の民主党では次の選挙で落選するに決まってるから、「さっさと新党の準備をする会」に名前を変更したほうが 潔くていい。

古来 こんなタイプの集団は日本の歴史には存在しなかった。  政権や議員のイスにしがみつくための、こいつらのエネルギーはどこから湧き出るのか信じられない物がある。

60人は人間の顔をした妖怪だ。その妖怪を操ってるのが小沢ヤマタノオロチ。

文句があるんなら 

復興計画を立てろ。

避難民を安らぎのある住宅へ住まわせろ。

原発の放射能汚染を直ちに止めろ。

復興予算を考えろ。

あーー すっきりした。

マンガでは妖怪 や ヤマタノオロチを退治する正義の味方が現れるハズなんだけど。

 

野次馬根性を出して仕事帰りに被災地を見てきた人のいう言葉では無いけど(オレのこと)
[PR]

by wagayanao | 2011-04-26 17:48
2011年 04月 25日

悪いとは知りながら

4月25日  (月)

仮設住宅工事の仕事が終わったあと、被災地へ寄り道しました。

被災者や復旧工事の人に迷惑な行為と知りながら、現場から石巻 経由でホテルに戻りました。

b0193252_20230100.jpg

ここは石巻市内。 先の交差点を右折すると、石巻市役所。 

石巻市役所から先の海岸方面は もう悲惨な状況です。
b0193252_20165843.jpg

b0193252_20172873.jpg

b0193252_20175981.jpg

b0193252_20182839.jpg

b0193252_20185495.jpg

b0193252_20191780.jpg

b0193252_20194333.jpg

b0193252_2020634.jpg

b0193252_20202653.jpg

写真を撮る行為すら、被災者の気持ちを逆なでる。 悪いとは知りながらも写真を撮りました。

最後の写真は真ん中に 住宅が1軒だけ建ってます。2階の窓まで壊れているのがわかります。

新築したばかりの家のようです。

もし この家が我が家だったら修理して再びこの家に、住もうという気持ちが起きるだろうか?

県や国が海岸沿いの低地に住宅の建設中止などの法律・条例ができたら、どうすんだろうか。

いくらかの補償はあるにせよ、大変だ。

車からおりて、合掌しようにも野次馬根性の行動をした俺は それすら出来ずにホテルに戻りました。

何もない平凡な毎日を過ごせることは、幸せなんです。
[PR]

by wagayanao | 2011-04-25 20:40
2011年 04月 24日

楽しみ

4月24日  (日)

仮設住宅の工事へ行って、現場での楽しみは昼食だった。

工事現場はまだ、仮設水道すら ない。  昼食だから手も洗えない。

もちろん 食堂なぞ なーーんもない。  各自 通勤の車の中や、晴れた日は地べたで食事だ。

愛妻弁当でもなく、ホテルで用意した 弁当やの弁当。  これが また うまい。

b0193252_1711947.jpg

行儀が悪いが、車のなかで アグラをかいて昼食です。

この食事と食べた後の 昼寝が唯一の楽しみでした。

宮城から帰ってきて、同業者から話を聞くと、俺らはいい方のようだ。

宿泊所は体育館のような所で、「雑魚寝」のような業者もあるらしい。

三条消防署は3日交代で車中で宿営?らしい。 こんな環境だと「3日」が限界でだろう。

俺らは復興のための楽しみを弁当屋の弁当に求めるのは、ちょっと寂しい気もするが、地位と待遇が、トップレベルの国会議員さん は こんな 俺たちと「差異」は感じられない。

この時期に与党の民主党の一部が、まだ小沢の旗を振って、「意義ありィーー」なんて声をだしてる「ばかやろー」がいる。
確かに 「被災者のためになってない」なんて声も出しているが、 じゃー 「代替え案はなんじゃ」 と いいたい。

今日の朝日新聞「天声人語」によると、

今年の政党交付金の初回分「80億円」が国庫から支払われたという。
署名人がこぞって私財を義援金に寄付したり、一般市民もわずかなお金を寄付してる時期に。
今回だけでも遠慮するデリカシーを永田町に望むのは、無理らしい。
交付が始まって16年。すでに5000億円の血税が、集散を重ねる政党の金庫に移った

(新聞の原文とは一部異なる)
[PR]

by wagayanao | 2011-04-24 17:37
2011年 04月 23日

伊達正宗

4月23日  (土)

ホテル「一の坊」付近は海岸沿いにも関わらず、水害はまぬがれたようだ。

地表のわずかな傾斜が明暗をわけた。

土産物屋の多い地区は、水族館・遊覧船乗り場がある。 その付近は床上1.5mくらいの浸水だ。

仙台湾の中に、石巻湾・仙台空港・仙台塩釜港があり、どの場所も津波で大被害を受けた。

同じ仙台湾の中にある、松島湾はそれほどの被害はなかった。(失礼な言い方かもしれない。)

きっと 松島湾の入り江の大小の、それこそ【八〇八島】が天然の防波堤の役割をしたのだろう。

松島以外は10mくらいの津波なので、【八〇八島】がそのエネルギーを吸収してくれたんじゃないかな?

自然は人間にとって脅威でもあるが、人間も守ってくれる。

国道45号線は海岸沿いに走っており、その内側(内陸部)は土産物屋・ホテルなどが立ち並んでます。

海岸側は国定公園?のため民間の建物はありません。

唯一 伊達家の観瀾亭と松島博物館があります。

b0193252_17522698.jpg

b0193252_1752558.jpg

b0193252_1753173.jpg

b0193252_17533776.jpg

観瀾亭は案内板の通り、2代目「忠宗」がこの地に作ったそうだ。
目的は今でいう。保養地・別荘・愛人の部屋・御上の接待所 というところか。

下から2枚目の写真に写ってる看板は 津波に対しての避難経路が書いてあったと思う。

伊達正宗もこの海岸の絶景の地に観瀾亭を作るに、4・5m高台に作るなんて感心する。
[PR]

by wagayanao | 2011-04-23 18:04
2011年 04月 22日

まつしまや やぁ~  まつしまや ヤァ~~~。

4月22日  (金)

元請けが宿泊用に手配してくれていた ホテルは 松島湾を一望できる豪華なホテル。

ホテル 「一の坊」でした。

b0193252_1711651.jpg

このホテルも相当に揺れたんだろうけど、ほとんど無傷。
我々が泊まったのは、復興作業員用に仮営業してから10日ほど経つのだろうか?
当初はトイレは仮設。風呂は大浴場でシャワーは使えない。 食事は3食弁当だったらしい。

俺らが泊まる2・3日前に 震度6の余震があった。もちろん電気は消えたが、 ホテルの従業員はお客さん(作業員)を全員5階に避難誘導したそうだ。

ホテルの従業員も支配人さん?も全員 作業服だ。 背広姿はだれもいない。

お客さんは作業服でだいたい職種が判別できる。

電気屋さん・大工さん・鳶・監督さん。  〇〇県警も泊まっていた。

東北電力の制服の人は大勢いたが、10日間のうち1回だけ、東京電力の制服を着ている人を見た。

何か疲れたような、悪いことをしたような、なんとも言えないような雰囲気が漂っていた。

東京電力の社員は、一生懸命に仕事をしているのに 可哀そうだった。 50代後半かな?

b0193252_1733329.jpg

客室から見える 松島湾です。

こんな豪華なホテルに10日間も泊まれるなんて、ありっこない。
 
今後 松島に旅行に来ることも ないかもしれない。

b0193252_17371853.jpg

b0193252_17374649.jpg

ヨットハーバーと遊覧船乗り場です。 この辺は海面上昇で床上1mくらい水没したようだ。
遊覧船乗り場の隣にマリンピア水族館?があるが、2日前にオープンしたそうだ。

b0193252_17412827.jpg
 
b0193252_17415191.jpg

b0193252_17421254.jpg

さすがは 「日本三景」 である。
[PR]

by wagayanao | 2011-04-22 17:44
2011年 04月 21日

仮設住宅

4月21日  (木)

昨晩 宮城県から帰ってきました。

10日間も留守をすると、地元もすっかりと春らしくなっていた。  出かける前は「スイセン」のツボミは固かったのに、花が開いている。

仮設住宅の建設地は宮城県石巻と松島の中間くらいの 内陸部でした。

b0193252_19434864.jpg

現地に到着するとこんな感じで杭を打ち始めていました。
床パネルをはめる前に、床下の排水管の工事をします。
b0193252_1945411.jpg

鳶さんが鉄骨・床、壁パネル・屋根、天井パネルを組み立てます。
b0193252_1948733.jpg

俺ら配管屋が水道・排水管を床に穴を開けて立ち上げると、大工さんが乗り込んできて、床下の湿気防止用のビニールシートを張り、次にウスベニヤを貼り、床の段差をなくします。
b0193252_19515947.jpg

こんな感じです。
b0193252_19525841.jpg

4棟おおむねできました。手前の方はまだ、杭の状態ですが、すぐに3棟出来ます。
俺らの工事範囲はこの7棟でした。 
1棟 8世帯の建物なので56世帯の仮設住宅です。
b0193252_19572612.jpg

b0193252_19574419.jpg

10日間で器具(洋風便器・蛇口等)を付けられるまで、工事は進みました。(第一陣)

第二陣が残った仕事と器具取付をして引き渡しです。今月いっぱいで完了の予定。

石巻地区で何か所か仮設住宅を作っているが、この場所は7棟の群が10群くらいできる。
500世帯くらいの仮設住宅の予定。

これから さらに急ピッチで進むと思う。

学校の体育館や公民館などで避難所生活している人達が入居する仮設住宅だが、建設があまりにも遅すぎる。
半年たって避難民が全ては入れれば、いい方?  可哀そうだ。
[PR]

by wagayanao | 2011-04-21 20:09