我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2011年 10月 31日

お金

10月31日  (月)

楽をして金儲けしたいのは誰でも思う。

だいぶ前の「ネズミ講」などはいい例だ。バブルも同じ。

うまく切り抜けた人はいいだろうが、だいたいは大損である。

1630年オランダでチューリップの球根がバブルを産んだ。 チューリップの球根1個が最高値で1万1000ギルダーになったそうだ。 どのぐらい高いのかはその当時のオランダのレンガ職人の30年分の年収だったそうだ。

この1週間の新聞記事より

5月以降投信 運用損が10兆円 と出ている。

国内外の株式や国債などで運用する投資信託の価値が5月以降で合計10兆円目減りしたそうだ。


トイレットペーパーを作る会社の偉い人は、ギャンブルで100億円すっちまった。
1万円札をトイレットペーパー代わりに使う感覚なんだろう。
計算してみました。
1日20枚(20万円)トイレットペーパーで使うとする。
1年で7300万円。
ということは、約137年もかかってしまう。


中国では賄賂が横行している。限られた一部(政治家・役人)などは、どこにもある話だが

医師・教師・警察・消防・新聞記者などすこしでも利害関係に立つ人の間でも横行してる。

まともに診療してもらうに医師に祝儀を渡すのが常識だそうだ。祝儀を渡さなかった妊婦が、腹いせに出産のドサクサに肛門を縫い合わされる事件もあったそうだ。

有利な記事を書いてもらうのに、記者会見では記者に賄賂を行うのも普通の事。


欧州危機は大筋で合意と出ている。

EFSU・ECBなど聞きなれない言葉で、よくわからんがギリシャの国債の半分をパーにしてもらうそうだ。それだけでは焼け石の水なので、銀行など金融機関の資産を現状に照らし合わせ再評価し、資産不足となれば自己増資やEFSU(欧州金融安定化基金)が資本注入したり、財政不安の国の国債を買ってやったりするらしい。

どのくらい不足なのかもよくわからない。大雑把に政府債務残高はギリシャ国債が50兆円、イタリアが200兆円。これらが「パー」になれば恐ろしい事態だ。

ちなみに債務不履行した国は、

ロシア 1998年 5.5兆円 

アルゼンチン 2001年 6.2兆円。

ウルグアイ 2003年 4千億円

以外と額が小さいように見えるが当事国は大変だ。銀行はつぶれ、失業率はあがり、物価高になった。


中国の鉄道事故の影響で資金繰りが悪化し、1兆5000億円滞っているそうだ。鉄道建設は自転車操業で完成してはその収入をあてにし、次の工事を繰り返していたんだろう。

中国のバブル(土地・建物)のにおいがしてきてる。

アメリカの財政赤字もすごいが、郵便局の赤字もすごい。規模が日本の10倍だ。

実態経済よりも金融機関(投資家)のもつ資産が多すぎるため、世界中にその金が飛びまわっている。

ヨーロッパから・アメリカから・中国から その金がドーッと日本になだれ込んできそうだ。

大恐慌になれば1ドル30円・40円になるかも知れない。


お金をお金で売買するのは犯罪という常識の世界にならねば・・・と思う。

チュウ―リップの球根は1個せいぜい高級なもので500円だ。
[PR]

by wagayanao | 2011-10-31 21:05
2011年 10月 30日

季節は巡る

10月30日 (日)

小春日和が続いている。 

土手や空き地のススキもセイタカアワダチソウに侵略され、申し訳なさそうにポツン・ポツンと見える。

小さな動植物は生き残りのために一生懸命だ。

b0193252_11301124.jpg


7月の豪雨で加茂川に堆積した土砂を重機で、川底をきれいにした。

それを待っていたかのように、サケのヤナバが出来た。

b0193252_11315663.jpg
 

まだ時期が早いのかそれほどの数は見えない。

それでも、イケスの中にはいっぱいだ。

b0193252_11345848.jpg


イケスの上に写ってるカラスはこのブログに登場する「稼ぎコキのカラス」かもしれない。

橋の上からも泳いでいる「サケ」がわかります。

b0193252_11374629.jpg


下川原橋から下流をみた景色です。

b0193252_1139511.jpg


橋のように見えるのは、信越線の鉄橋。


ヤナバ・イケスでのサケ漁もいいが、一網打尽も考えもんだ。 せめて捕獲量の1%でも遡上をゆるしてもらいたい。
[PR]

by wagayanao | 2011-10-30 11:53
2011年 10月 29日

俳句

10月29日  (土)


「帰り花」を題に、俳句を作りました。


帰り花 今頃咲くも いてもいい


帰り花 他と違って いいじゃない


合格だ 来年こそは 帰り花


残り陽を 楽しむ姿 帰り花


冬までに 急げ急げと 帰り花


アサガオの 来年もまた よろしくと


もう一度 花を咲かせる 帰り花


帰り花 たいしたもんだ 根性が


帰り花 見習う事が あるようだ


アサガオも イジメにあったか 帰り花


おしまい。056.gif・・・・
[PR]

by wagayanao | 2011-10-29 19:07
2011年 10月 28日

10月28日  (金)

秋も深まりつつあるが、昨日、今日は暖かい。 小春日和だ。

我が家の「花」もこの暖かさを満喫してるようだ。

b0193252_19372646.jpg


ガーベラです。 1本の茎から二つ花をさかせました。株元のツボミは一つ。


b0193252_19404011.jpg

名前のしらない植物です。多肉植物の仲間のようですが、冬 雪の下になって枯れても春になれば新芽も出します。 もちろん室内で育てれば枯れる事はない花です。

茎から葉っぱを3枚ずつ出して秋になれば、てっぺんにきれいな花を咲かせます。

元気にいい葉っぱを土の上に置いとくだけで、葉っぱから新芽も出ます。


b0193252_19445740.jpg

アサガオです。
いったんは、葉っぱも落とし枯れたと思ったアサガオ。
夏のアサガオに比べ、葉っぱ・花とも三分の一程度。

オレも「もう年だ」なんていわず、もう少し頑張ってみよう。
[PR]

by wagayanao | 2011-10-28 19:49
2011年 10月 27日

TPPと北風と太陽

10月27日  (木)

北風と太陽の話は知っていますよね。

マントを着た旅人を見た「北風」と「太陽」は どっちがマントを脱がす事ができるか競争したお話です。

これは大人たちが子供に「やさしい心」で物事をやりましょう・・・と教える西洋の昔ばなしだ。

TPPは太平洋沿岸国だけでも、輸出入には関税をかけないことにしましょう という協定だ。

なるほど。「太陽」のような政策でいいことだ。 

そもそも関税は日本が企業育成のために高額な関税をかけていた。アメリカはアメリカで高額な関税を掛けられても技術のない日本は買わざるを得なかった。
1ドル360円の時代だ。 アメリカはドル高を背景に自国の製品よりも輸入したほうが、得だったし、浮いたお金で外国へも遊びにいけた。

輸入し続けた結果 アメリカの繊維産業は窮地に陥り、安物の日本製品に高額な関税をかけ始めた。

だんだんと繊維産業だけでなく、ドル箱である自動車産業まで追いつめられた。

自国の産業を守る手段として関税が戦後の政策の柱になった。

b0193252_2123159.jpg


適正な関税であれば、その税収は国家予算に組み込まれ、国民に還元されるわけであるから、申し分ない。
図で100万円の車を日本から輸出すると、アメリカ国民は110万円で買うことになる。
110万円で買ってもそれだけの価値があれば、消費者は納得いくだろうし、アメリカ国家としても10万円(関税)の税収がある。

問題は関税が高すぎるために、消費者が買う事できない。
関税100%であれば100万円の車を消費者が200万円で買い、輸入国は100万円の税収になるが、高いがために誰も買わない。 当然税収は0である。

目的は税収でなく輸入を制限して自国の産業を保護するのが関税であるからしかたがない。


TPPはそれを改善しましょうということだ。 なるほど いい事ですね。

自民・民主党内部でも賛成・反対が割れている。 

反対派は主に日本の農業が衰退するという意見だ。
安い米がド―ッと輸入されたら、減反政策・農業の後継者離れなど問題のある日本の農業が衰退し、田畑が荒れ、保水・治水能力も失われる・・・と。

なるほど いい意見だ。

輸出業者にはこんな意見もある。 

関税はある程度はショウガ無い。 関税をかけらても売れる商品を作ればいいと。
問題は為替だ。

b0193252_21274482.jpg

図のように100万円の車を輸出し、円高で代金をもらう時は90万円になってしまう。
関税だけであれば、損得勘定ができるが、為替が一瞬で変わるようでは商売がなりたたない。

北風と太陽の物語で考えると・・・・

寒いからマント(関税)を着た旅人(国)に無理やりマントをはぎとろうとするのが正しいのか。

陽ざしで暖かくして、旅人(国) 自らマント(関税)を脱ごうとするのが正しいのか。

子供だったら「太陽」と答える。

輸入が増えたら困るから関税をかけるのである。無理やりそれをはがすのは、やはりよくない。


今日の新聞で、今月31日で世界人口が70億人に達すると載っていた。 日清食品が何十年もかけて1億食のカップラーメンを作ったそうだが、70億人の朝・昼・晩 それも365日の食糧を作るには大変だ。

TPPは

・毎日3食当たり前のように喰っていける人達の議論にしか思えない。

・農業を工業製品のように考えていいのだろうか?

・京都議定書は地球環境を守るための取り決めでなかったのか?(下の項目とだぶる)

・農業の生産性を高めるに、機械化をすすめ、手間のかかる山間地を放棄してもいいのだろうか?

・大規模な異常気象で食糧難になったらどうするのだろうか?

・その時(上の項目)他国がその国へ緊急援助(きわめて大量)の食糧が確保してあるのだろうか?

そんな訳でオレは「TPP」は反対だ。

関税は当事者国同士で品目で検討すればいいし、産業保護であれば数量制限でも可能だろう。

アメリカも日本も低賃金の国に産業を奪われ、産業の空洞化になってしまった。いくら高度な技術で製品を輸出しても、それだけではアメリカも日本も失業率改善、雇用の促進は無理だろう。
低賃金かもしれないが、雇用確保だけをみても農業は大切だ。

TPPは「勝組み」・「負け組」をつくり、貧富の増大を招く。 

そんな仕組みはアメリカは好む。

それよりも。

TPP議論よりも為替協定のほうが先のような気がする。

円をドルで買う。ドルを円で買う。お金を商品のように売り買いすること自体間違っている。

円高になれば日銀が円を売ってドルを買う。 先進国のほとんどが政府が市場介入しているようだ

銀行などが外貨の売り買いで為替が変動する。

その都度 誰かが儲かり、誰かが損をしている。 まるでギャンブル。


TPPよりも外国為替市場に関税をかけたい。
[PR]

by wagayanao | 2011-10-27 22:44
2011年 10月 26日

帰り花

10月26日  (水)

11月頃の小春日和に「桜」・「梅」・「梨」などの草木が本来の季節でなく、咲かせた花を「帰り花」という。

俳句では冬の季語だそうだ。

そんな高尚な趣味は持ち合わせてないが、季節の移ろいは年になるほど感傷的になる。

もうひとつ「山 笑う」は春の季語である。 雪に覆われた山の雪が解け、茶色の山肌に新緑が芽生える情景を 「山 笑う」の5文字であらわしている。

我が家の「アサガオ」も 先っぽを除いてほとんど葉っぱも落とし、種もポロポロ落とし
もう枯れた状態だ。

そのアサガオが今朝 、小さいけれど2輪の花を咲かせた。 帰り花だ。

帰り花どころか、新しい小さな葉っぱまでよみがえっている。 稲刈りの終わったタンボも新芽がでて、稲穂もつけているのも目にする。

こんな現象を人は、草木の「狂い咲き」で済ませている。 草木をバカにしてはなりませぬ。

ちゃんと草木も生き延びようと必死なんです。気温が下がり冬が来る前に落葉樹は葉っぱを落とす。

枯れたから落とすんじゃなさそうです。日照時間の変化を草木は感じとり、葉っぱと枝の付け根部分に「離層」を形成するらしい。葉っぱの栄養分を枝や幹に吸収(回収)しながら「離層」が大きくなり、少しの風でも枯れ落とすそうだ。 葉っぱにあるたんぱく質はアミノ酸に。デンプンはブドウ糖に分解され 体内に回収するそうだ。

我が家の雪椿はもうツボミが大きくなっている。サクラ・ウメは7月下旬にツボミを作るらしい。

たかが草木も先の事を見越して準備している。

TPPにしろ、国債残高が1000兆円なども、先の事を見通していれば今になってバタバタするこもあるまい。

もうこうなっては アーダ・コーダ。自民だ公明だ民主だ、選挙区の要望は。なんて言ってられない。

草木に笑われてしまう。 人間って賢そうなんだけどねぇ~~。 と。
[PR]

by wagayanao | 2011-10-26 20:34
2011年 10月 25日

日々 思う事

10月25日 (火)


仕事からの帰り道、水の張ったタンボに白鳥がいるではないか。

ッー。 もうこんな季節かよー。 このタンボは稲刈りが終わっても水を張っている。 白鳥がくるようになって4・5年はたつだろうか。

多い時で20羽くらいはいる。きっとこの白鳥も去年もここに住んでいた白鳥だろう。

タンボの所有者も白鳥が戻ってきてくれて「うれしい」だろう。

車のガソリン補給は近くの農協スタンド。それが先月で閉店だ。

カードで用をたしていたので、ガソリン価格が高くなっても現金で支払う訳でないので、気にならなかったが、今はセルフのスタンドだ。

もちろん現金だ。1回入れると4000円から6000円。 週に1回以上は補給するので、1万円札もすぐに消える。

それは、それで仕方のないことだが以前は、垂れ下がった太いホースは気にも留めなかった。

イザ。自分で給油してみると、あの垂れ下がった太いホースの中にある「ガソリン」がもったいなさそうな状態であることに気付いた。

皆さん そうは思いません?

b0193252_2025592.jpg

[PR]

by wagayanao | 2011-10-25 20:27
2011年 10月 24日

TPP

10月24日  (月)

今日は20日締めの請求書を書かんきゃいかん。

よってブログは手抜きになりそうだ。

だいぶ前「TPP]を福島党首は「突拍子のないプラン」と言っていた。

先回の民主党大勝利の時の選挙で社民党へ投票しただけに残念な発言だった。

野党なら野党らしく政権党の政策を堂々と審議すればいい。

昔の社会党や共産党のように国家予算が不足なら自衛隊の予算を全額他へまわせ・・・などという意見では「ナンセンス」。
できない事をいうのは誰でもできるし、野党でも国家予算を審議する一員であることを忘れてはいけない。

TPPは太平洋周辺の国で関税を撤廃しようではありませんか? という協定だ。

もうすでに枠組みが決まってる中で、「YES or NO」 、 「参加 or 不参加」しか選択肢はないようだ。

民主党内でも意見が割れている。前農水相は「参加」なら離党するとまで発言しているようだ。
 
農業は安い米が日本に流通すれば、米農家は大打撃だ。 畑やタンボが荒れ地になったらどうする?
治水能力もあるのに。・・・と反対意見。(おおむね)

工業は輸出立国日本とすれば、関税がないほうが輸出はしやすいし、輸入品も安く手にはいる。
・・・と賛成意見。(おおむね)

各議員の支持基盤(環境)でその議員の賛成・反対で別れるのはしょうがない。

前のブログでもふれたが、議員の環境で判断すると大局は見えない。

おれが総理大臣なら(偉そうに!)早急に決断しなければならぬ事項だけに、ここは「不参加」という結論だ。

そのかわり、TPPの主旨は尊重し、個別でFTA(自由貿易)で当時国と推進しますと各国に表明する。

アメリカは自己損得で横暴な国なので、特別に対応する。

① 日本からの取引はすべて決済は「円」で行う。アメリカからの取引は「ドル」で行う。

② 農業はCO2問題や治水効果、異常気象による世界的な食糧難に対応するために(日本は)、京都議定書を離脱したアメリカには、今以上の関税で対抗する。そもそも京都議定書は地球温暖化による異常気象を防止しようとする枠組みである。
「カンカン照り」、「豪雨」などで広範囲な地域で一年の収穫が「0」もある。

もう そろそろ時間なんでこの辺で終わりです。

ヒマがあれば後日、池上彰ふうにフリップなぞを使って考えてみたい(オレの頭を整理しながら)・・・たぶん無理かな?
[PR]

by wagayanao | 2011-10-24 21:11
2011年 10月 23日

フゥ~ユゥ~がぁ~来る前にィ~~

10月23日  (日)

これから農家の庭先に大根や柿などを吊るして乾燥させる光景がみられる。

今はお金さえだせば、真冬でも「ひもじい」思いはしない。

スーパーで季節外れの食料品はいっぱい売っている。100年前の人は信じられないだろう。

文明の発達のおかげである。

我が家には「文明」とはかけ離れて生活しておるものがいる。

冬が来る前に、なんとか生き延びようと頑張っているようだ。

b0193252_111197.jpg

一か月程前に産まれたアゲハの幼虫です。我が家はこの子を黒虫とよんでいた。
寒い日が続き、タマゴからみよけても いっこうに大きくなれない。

b0193252_1175329.jpg

ところが、昨日小さい黒虫から青虫に変身しました。普通の青虫の半分以下の大きさです。

b0193252_11101195.jpg

脱いだ殻(皮膚)食べてます。
チョウチョは草食動物?なのにタンパク質を食べている?
・・・・と云う事は我が家のチョウチョは進化の過程かも知れない。
将来 我が家から肉食のチョウチョが出現だ。

どうでもいい事だったが、この青虫、冬が来る前に「サナギ」になろうと頑張ってるんだろう。

環境の悪い時期に産まれた青虫も大変だ。

青虫と同じ頃に産みつけられたタマゴです。
b0193252_11184858.jpg

タマゴのままであれば、越冬もしやすい。

小さな命も一瞬の判断で明暗を分けてるようだ。

たまに夜はゆっくりしたいもんで、早めの投稿でした。
[PR]

by wagayanao | 2011-10-23 11:22
2011年 10月 22日

子孫

10月22日  (土)

2億年前の子孫が 我が家にはいる。

これです。

b0193252_1922435.jpg


イチョウは不思議な植物のようだ。

2億年前は地球上で繁栄したようだが、恐竜絶滅とともにイチョウも激減したそうだ。

イチョウはオスとメス株がある。

普通の植物はオシベの花粉がメシベに受粉し、種ができる。

イチョウはチト違う。

オスの花粉がメスのメシベに付くと精子が生まれるそうだ。

精子は自力で、卵子まで泳いでいくそうだ。

ほんとですかね? 泳ぐほどメシベに水分があるんですかね?

あッ 蜜の中を泳ぐのか。 なんかロマンがありますね。

ところで その精子を発見したのは日本人だそうだ。

平瀬作五郎(1896)さん だそうだ。 

ちなみに年表を調べたら日清戦争の最中だった。

まだ その頃は戦時下でも余裕のある人が少なくともいたと云う事かな?

・・・・おしまい。
[PR]

by wagayanao | 2011-10-22 19:17