我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 29日

時間がない

2月29日  (水)

今晩7時からザックジャパン・ナデシコジャパンの国際試合がある

そんな訳でブログを書いてる時間がない。

いつもの事だが、ブログを書くほどの能力なんてオレにはない。 自分で書いたブログを後から読めば、誤字・脱字・文章の曖昧さ など 読めたもんじゃない。

ところが いつもは感心して読んでる朝日新聞の「天声人語」は 今日はいやに手抜きだった。

起承転結どころか、バラバラ。

b0193252_1955499.jpg


短編記事を並べただけだった。

新米の人だったのか、何か急用でもできて時間がなく じっくりと投稿できなかったのか ちと プロとしては情けない 今日の「天声人語」だった。
[PR]

by wagayanao | 2012-02-29 19:08
2012年 02月 28日

活性化

2月28日  (火)

脱原発・再生可能エネルギー・低炭素社会と3・11以降さかんに言ってる割に、どれほど普及が進んでいるのか目に見えない。

阪神淡路大震災 以降 学校などの公共機関で耐震工事が進んだ。

そのおかげで、今回の地震でも避難所や役所としての機能は働いた。又 箱もの建設が無くなった代わりに建設業者も救いの手でもあった。

同じように エネルギー政策を根本から変えるなら政府がもっと積極的にならなくてはと思う。

① 公立の学校の屋上に太陽光パネルを設置し、学校での電気をそれでまかなう。

② 休耕田や減反対象のタンボなど、国が借り上げ 国や地方が(電力会社も)太陽光パネルを設置する。

③ 輸出型産業構造を根本的にあらため、内需の需要を掘り起こし 確固たる技術をつけ世界に発信する基盤を作りあげる。

オレ等が小学生の頃、東京オリンピックがあり、東海道新幹線が開業し 日本の将来が輝いて見えた。

(教科書に隅に新幹線の絵を書いて「パラパラ漫画」で遊んでいたのも思い出した)

またその頃は「21世紀」という言葉も夢があり、新鮮だったが、いざ 21世紀になってみると明るい話は皆無のような気がする。 そんな時代(暗い)だからこそ ナデシコジャパンの快挙がいっそう際立って見えるんだろう。

エルピーダなんていう 途方もない会社が倒産という事態が信じられない。
[PR]

by wagayanao | 2012-02-28 21:35
2012年 02月 27日

評判

2月27日  (月)

キジバトにエサをやりはじめ1ヶ月ほどになるかもしれない。

鳥の世界にも共通の言葉があるように思えた。

キジバト・・・・・あそこに行ッて 物欲しげな顔してると、奥さんか旦那さんからエサがもらえるよ

スズメ・・・・・・エッ ホント? エサは何?

キジバト・・・・・日によって違うけど、リンゴ・ミカン・もち米 なんかだ。

スズメ・・・・・・食事中に襲われない?

キジバト・・・・・ゼンゼン。

スズメ・・・・・・じゃ お米 ももらいに行こうかな。

それを聞いていた ヒヨドリは

ヒヨドリ・・・・・オメーラ グチャグチャ言うてんな。 おれは3年前から「冬限定」でおねだりしてんだから。
オレの「縄張り」を荒らすんじゃねぇ~。

おしゃべりのキジバトは他に「カラス」さん・「オナガ」さん・「ムクドリ」さん・にも話してしまった。

そして今日は本物の「キジ」が食事にきた。

こんな野鳥へのエサやりは我が家だけではなかった。 名門「徳川家」の庭でもあったようだ。

証拠写真です。

b0193252_20422098.jpg


b0193252_20431235.jpg


名古屋城です。 この中に展示してある襖絵を紹介します。

(ガラス越しなのでボケてます)

ヒヨドリ です。

b0193252_2045233.jpg


キジ です。

b0193252_20461717.jpg


キジバト です。

b0193252_20471139.jpg


スズメとオナガもいたんですが、撮影失敗してました。

まぁ これらの野鳥は人里近くに 人間と関わりながらも生きていたんでしょうか? 009.gif
[PR]

by wagayanao | 2012-02-27 20:52
2012年 02月 23日

うるう年

2月23日  (木)

昨日のブログでは「オリンピック」が題だった。 「うるう年」にふれないままだった。

今年は「うるう年」です。 タイムリーというか今日の朝日新聞に関連する記事が載っていた。

b0193252_1914038.jpg


記事を読めば、うるう年・うるう月・うるう日・うるう秒がわかると思います。

平年の1年は365日。「うるう年」の2月は29日まであって1年は365日だ。 

ここまでは判る。 そして 「うるう年」に当たる年にオリンピックが開催される。

ところが記事に書いてあるように、400年に3回は「うるう年」にしなくてもいいそうだ。

という事は約133年に1回はオリンピックの間隔が8年になりそうだ。 その年代のオリンピック出場を狙う選手は可哀想である。

日本は明治5年までは、「うるう年」ならぬ「うるう月」を使っていたそうだ。

オレ等の業界は工期には厳しいもんがある。「間に合いません」・・・なんていう業者では相手にされない。
小規模工事の工期末(引き渡し)は「盆まで」・「正月まで」・「年度末(3月)まで」で8月・12月・3月と忙しい時期はだいだい決まっている。

そんな時のために「うるう月」がトランプのジョーカーの役目のように使えたら便利だ。

8月10日が引き渡しの物件であれば、7月が終わって、8月に入る前に、「うるう月」でもあれば
工事も楽だ。

またこの業界は景気低迷で仕事がさっぱりと減った。 月に10日程しか仕事をしない時はかなりある。
そんな「月」は「1カ月30日」はいらない。

国の中小企業支援制度で「雇用調整助成金」なる制度があるが、「雇用調整」なるものを創設してもらいたい感がある。

記事の冒頭に今年の7月1日は、「24時間プラス1秒」になるそうだ。

1秒増えたり、減ったりして誰が損したり、得したりするんだろう?

そう考えると今年は平年より、1日増えてる訳だが、日当(給料)が増えて「ありがたい年」だなんて感謝する人もいないだろう。

明日から3日間子供の受験付き添いのため お休みです。 040.gif
[PR]

by wagayanao | 2012-02-23 19:51
2012年 02月 22日

オリンピック

2月22日  (水)

今晩10時より五輪アジア最終予選がある。 いつもは寝てる時間だ。

今日 日本が負ければ五輪出場の可能性はぐ――と低くなる。

勝敗はさておき、五輪やワールドカップは4年おきに開催だ。 スポーツ選手の頂点は25・6歳だとすれば、4年おき というのはちょっと五輪を目指してる選手にはちょっと可哀想なほどの年月に思える。

どうも この4年という間隔は「FIFA」や「委員会」のポスト争い・利権のための間隔のように思えてきた。

ワールドカップのスポンサー料はとてつもなく高額。 これが毎年となれば、単純に考えて四分の一の金額だ。

「FIFA」の役員も賄賂・接待など副収入も多いらしい。・・・・(推測)

毎年となると大変だろうけど、2年おきに開催となればファンもうれしい。

予選で1年、本選で1年。 これなら充分に楽しめる。

最近の日本チームは連続してWカップ出場できてるからいいが、3連続予選敗退となれば、10年以上
は応援すらできない。
(ひいきのチームは必ず出場できるとは限らない。)

柔道の山下選手が最盛期のころモスクワ?オリンピックで日本(西側陣営)がボイコットしたことがある。

山下選手の悔しいコメントがまだ記憶にある。

4年後のロスアンゼルスオリンピックでは、今度は共産圏がボイコット。

こんな雰囲気で試合をして金メダルを取ったとしても、真の世界チャンピオンではない。

スポーツの世界で政治が介入するのはよくないが、それにしても4年は長すぎないだろうか?

あと何回オリンピックを楽しめるだろう??
[PR]

by wagayanao | 2012-02-22 20:48
2012年 02月 21日

適材適所

2月21日  (火)

昔・昔 中国では壮大なストーリーの戦いがあった。

三国志である。

昨日の朝日新聞に載っていた。

b0193252_18563914.jpg


b0193252_1857222.jpg


(記事をクリックし、別画面で拡大すれば読めると思います)

曹操・劉備・孫権も初期は軍事力はとても小さく、発言力などは皆無に等しかった。

今の政治にたとえるなら、自民・民主・公明・共産・社民などの政党と違い、歴史もなく議会での発言機会もないような政党が、曹操・劉備・孫権である。

記事の一部を抜粋します。

人材登用の目が高く詩人でもあった曹操が、比類なき指導者であるのは当たり前でもある。』

中国語で「適材適所」という言葉はあるらしいが、あまり使われないという。

代わりに「唯材是用」という言葉を使うそうだ。

曹操は人材を求め「求賢令」(今でいう人材募集)を国中に張りだし「唯才是挙」(採用条件は才能だけ)という官僚登用の姿勢に徹した。

従来は親が警察庁長官であれば、息子も簡単に同じ役職が当てがれたり、賄賂なども横行し、ポストを金で売買もあったそうだ。

こんな考えを持った指導者が100年・200年前の話ではなく、1800年も前の話である。

想像の域ではあるが、組閣時に相当な「金」が飛ぶんだろう。

自民党単独政権では、〇〇派から大臣何人・△△派からは大臣何人・◆◆派からは大臣見送りの代わりに次期総裁選には全面協力など。

連立政権でも同じだろう。

金や家柄で得たポスト(役職)では 役に立たないのは1800年前からの常識だ。
[PR]

by wagayanao | 2012-02-21 20:00
2012年 02月 20日

アマゾネス

2月20日  (月)

我が家には 最強の アマゾネスがいる。

我が町内(班)は袋小路の左側に3軒、右側に3軒(うち1軒は我が会社の倉庫)だ。

正確にいうと左側3軒ではなく、5軒でウチ2軒は空家。 我が家は手前から2軒目。

我が家の道路の除雪は手前の家の分と我が家の分が除雪範囲。 幅3m・長さ11間ぐらい。

それを アマゾネスが5時に起きて、モクモクと除雪する。

土曜日は積雪20cm・日曜日は積雪30cm・そして今日は積雪15cmだった。

3日連続で5時起きの早朝除雪だった。

そのアマゾネス。 まだ体力066.gifが余ってるのか、午前中我が家の大屋根に上がって 屋根の雪下ろしをし始めた。

オレは下から見てただけ。

除雪のしかたを観察してると、その人の性格・家族関係も良くわかる。

几帳面な人・・・・地面(アスファルト)が見えるまできれいに除雪する人。

ずぼらな人・・・・新雪を散らかし、車の出し入れだけできれば良い人。

     ・・・・散らかして運搬や積み上げることはしないで、踏み固める人。

要領のいい人・・・道路の除雪が各々で終わったころ ノコノコ出てきて自分の屋敷内だけ除雪する人。

まぁっ どうでもいいけど 今度こそ今日で除雪は最後だ。


あッ 訂正します。 最強アマゾネスじゃなかった。 ナデシコ だった。040.gif
[PR]

by wagayanao | 2012-02-20 19:44
2012年 02月 19日

名前を変えればすんなりと

2月19日  (日)

国民総背番号制を「マイナンバー」制度で国民を番号で管理することが、民主党で閣議決定されたそうだ。

この番号管理制度について、9月1日 『小耳にはさんだ話』 と 10月16日 『背番号』 でふれた。

この法案が国会に提出され、申し訳程度の「質疑」が繰り返されて 可決されそうだ。

自民党時代に「国民総背番号制」が論議され、廃案になった。 

民主党でも「社会保障共通番号制」が話題になったが、震災で立ち消えとなる。

今度は中身は変えずに漢字からカタカナに変えただけで、すんなりと閣議決定。

衆参もすんなりと通りそうだ。

国会は唯一の立法機関であり、審議機関のはずが こんなに簡単に制度が変えられるとは信じられない。

前にも書いたが、国民の祝日である建国記念日の制定で、当時の自民党と社会党で意見が真っ二つに割れた。

その時も 妥協として「建国記念日」の念と日の間に 「」を入れて 「建国記念の日」を2月11日に決定した。

なんとも 名前をちょいと変えただけで すんなりと法案が通ることが不思議でならない。

10月16日のブログ「背番号」で導入費用は5000億円・年間維持費で350億円の試算と書いたが、
2015年1月から運用開始予定の「マイナンバー」制は、システム構築やメンテナンスに1兆円規模の費用が必要だそうだ。

これが一般企業だったら、「費用 対 効果」はまず第一に検討するはず。

野田内閣になったのは、最近であり組閣も変えたばっかり。そして通常国会に入っている。 エネルギー問題や。来年度予算・震災復興と 検討事項は山積みだ。

「マイナンバー」制なんて検討してる時間はないと思うが。

アホナ民主党員は

「国民総背番号制」なんて呼び名 ダサイよね。

「マイナンバー」制 だったら なんか 格好いいよね

コンピュ―タ―で管理するんだから、人件費なんか 大幅に倹約できそうね。

・・・・・ぐらいな もんだ。

幹部(患部だったかも)の民主党員は

もう年金は「破たん」してんだから、これ以上の増税はできやしない。

「若い」もんより「年寄り」が多くなる時代に突入するのは 国民も知ってるし、年金が「ネズミ講」だったことが そのうちに ばれる。

さっさと法案を通して、年金を払いすぎた人には「長生き」した人には、払いすぎた「お金」を返してもらう制度しか ないと。

自民の患部(幹部だった?)も体裁だけの反対意見は言うだろうけど、国会では衆参とも「賛成」にまわるさ。

まぁ 医療や年金制度に関しては 日本は世界に誇れる制度だから とやかく言わないが、

3・11のすぐ後に可決した、「国民投票法」には 絶対 反対だ。

マイナンバー制度の裏には、払いすぎた年金を返してもらうことで、返す「お金」の無い人まではとらない。

「国民投票法」は日本が世界に誇る「憲法9条」を変える法律だ。

国は国民の生命・財産を守る義務がある。

「憲法9条」のあるおかげで、それが守られている。

自衛隊は「軍隊」であり、それを海外へ派遣し、損害がでれば もっと補強しようとする。

「金」と「命」を消費するのが戦争だ。 たとえ 勝ったとして「利権」を得ても 正当化された「略奪」でしかない。
[PR]

by wagayanao | 2012-02-19 17:13
2012年 02月 18日

東京見物

2月18日  (土)

チョイの間を利用して 東京見物にシャレ込んだ。

浅草寺と増上寺です。

b0193252_19373860.jpg


雷門から見た仲見世(なかみせ)です。

b0193252_19392572.jpg


五重塔です。

b0193252_1940119.jpg


次の増上寺もそうだが、浅草寺とともに建物は新しい。 東京大空襲で焼け野原となり、戦後に作りなおしたんでしょうか?


増上寺です。

b0193252_19453841.jpg


東京は徳川家康以降に発展した大都市だが、歴史や産業を感じさせる地名がたくさんある。

【 人形町・兜町・半蔵門・恵比寿・水道橋・御徒町・乃木坂・千代田区・紀尾井町・高田馬場 】

他にまだ たくさんあります。

太字の由来をちょっと紹介します。

紀尾井町・・・・州藩と張藩と伊藩の3つの藩の江戸屋敷があったからだそうだ。

半蔵門・・・・・忍者 服部半蔵がこの門を警護していた。

高田馬場・・・・各藩の武士がここで馬術の練習をしたり、流鏑馬の大会などの会場だったそうだ。

恵比寿・・・・・恵比寿ビールの工場から。


江戸時代の好きなオレとしては、この地名のように東京を昔ながらの風景に直してもらいたいもんだ。

ローマ・アテネ以上の世界屈指の観光都市になること間違いなし。

ちなみに「浅草」の由来は あまり草の生えない地域という意味らしい。
[PR]

by wagayanao | 2012-02-18 20:20
2012年 02月 17日

東京タワー

2月17日  (金)

受験の付き添いだったが、昨日はヒマにまかせて東京見物にしゃれこんだ。

とはいっても どこへ行く当てもないまま、寅さんの浅草まで足を伸ばした。

浅草寺は、どこが不景気なのか わからないほど 人・人・人。

ふと 横を見ると デ―ンッと「スカイツリ―」が見える。

b0193252_20572484.jpg


浅草寺は始めてみたが、寅さんがいなかったら ここまで観光客はこないだろう。でも 寅さんの看板すらなかった。

ゆっくり見学したつもりだったが、まだ時間はタップリとある。

さて 今度はどこへ行こうかと思案しても、行き当たりばったりなので、いい案が思い浮かべない。

スカイツリ―を見たんだから、東京タワーでも見に行くか・・・と思い。 とりあえず地下鉄の駅へ行く(寒いもんで)

どの駅で降りて良いのか判らず、とりあえず「虎ノ門」まで行ってみた。

地上に出てみれば、霞が関を過ぎた位だった。歩くには遠いんで、もう一回地下鉄に乗りなおして
やっと「東京タワー」近くへ出ることに成功。

b0193252_21155340.jpg


3・11で東京タワーのテッペンが曲がったのが 直ってあった。

333mのうちの一番テッペンの3m部分を直すに どんな工法で直すんでしょうね?

不思議だ~~~?

もうひとつ 不思議があった。

東京タワーの立ってる場所は小高い斜面に立っている。ということは 東京タワーの4本の脚の高さがそれぞれ違う訳だ。

戦後に作ったようだが、斜面をブルドーザーで削って平にしたほうが、設計も工事も楽なように思えた。

それとも 当時は「自然を大事にしよう」・・・なんて発想があったもんだろうか・・・・

まー とにかく 歩き疲れた一日でした。
[PR]

by wagayanao | 2012-02-17 21:31