我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 31日

うんーーん。 わからん。

1月31日  (木)

小正月過ぎたころから 昼間の時間が長くなったと感じているが、考えれば考えるほど わからなくなってくる。

冬至と夏至を境に昼間の時間が長くなったり、短くなったりする。 地球の回転軸が太陽からみて、15度くらい傾いているから・・・・・・・とここまではわかる。

回転軸の中心付近は北極と南極だ。 両極は、白夜と呼ばれるように ずーーと夜もある。・・・・・・とここまでもわかる。

地球は太陽の周りを1年かけて1周する(公転)。 たしか楕円軌道で。 ・・・・・・とここまでもわかる。

地球は太陽の周りを回りながら 1日に1回、回転している(自転)。 ・・・・・・・とここまでもわかる。

公転も自転も回る速度は一定のはずだ。 ・・・・・・・でこのへんから おかしくなってくる。

地軸が傾いているから、日の長さが変わるってのも なんとなく白夜を考えれば 納得もする。

冬至で日の長さをたとえば8時間とする。 夏至に向かって毎月 日の長さが30分長くなったとします。

当然 公転も自転も一定のスピードだから 日の出時刻 も 日の入り時刻 比例関係にあるはずなのだが、違うんですね。


データーを示します。

1月1日 の 日の出時刻6時50分。 日の入り時刻16時38分。 

1ヶ月後は、日の長さは37分 長くなりました。

2月1日 の 日の出時刻6時42分。 日の入り時刻17時07分。 なんです。

で 素人考えでは、1日に30秒ほど長くなるはずであれば、 日の出時刻は15秒早く、日の入り時刻は15秒遅くなると考える。

ところが 日の出、日の入り時刻は比例関係ではないんです。

1月と2月の日の出、日の入りの時刻の差を計算してみます。

1月1日の日の出は6時50分。 2月1日は6時42分。 日の出は8分早く なっています。

ということは、日の入りは8分遅くなるのが自然ですが、

1月1日から2月1日の日の入り時刻の差は なんと3倍以上の29分も長くなっています。


日の入り時刻の方が長くなる理由を考えてみた。

▼ 海水浴にいくと、バシャ・バシャ歩いて波打ち際から、海に入るまでの時間が長い。 手でバシャバシャと肩や胸にかけて 海水温に体を慣らさないと 海に入れない。

夕暮れ時の太陽は日本海に沈むが、太陽も心像マヒするのを恐れて チュウチョしながら日本海に沈む。

▼ だから日の出時刻よりも日の入り時刻の方が長くなると 考えるのが無難のようだ。
[PR]

by wagayanao | 2013-01-31 21:07
2013年 01月 30日

大学 と 塾

1月30日  (水)

司馬遼太郎の「花神」を読みなおしているが、結構 面白い。 冒頭の言葉が「適塾」で始まっている。

幕末 緒方洪庵の私塾で、今の大阪大学の前身だそうだ。 当時の日本の識字率は80%。イギリスなどの先進国では20%程っていうから、日本も捨てたもんじゃなかった。 
室町時代頃より、全国各地に寺小屋があり、地域の名士?が子供達に 無償で教えていた。

だんだんと高度の教養を身につけさせるような学校が出来て行った。 スポーツ系・宗教系・医学系・外国語系と専門学校のような学校に進化していく。

幕末でスポーツ系の一番人気のあったのは、剣術の千葉周作の道場。 それぞれの専門学校での成績が優秀であれば、各藩から高給優遇された。

緒方洪庵の「適塾」はオランダ医学を教える塾だが、オランダ語は教えるが、医学はほとんど教えず独学だったようです。

適塾を大学にみたてれば、

入学金 
師匠(校長)へ金200疋(びき)。 夫人(寮母さん)へ白扇3本と金2朱。

塾頭(助教授)に金2朱。

塾員一同(先輩生徒達)に同じく金2朱。

まかないをしてくれる女中(大学の事務員)たちにも銅200文を払う。

試験と進級

学力によって8学級にわけ、そのクラスごとに生徒同士が試験問題をだす。
最初に問題を出す人はくじ引きで決めるが、その人を首席と呼ぶ。 〇〇大学を首席で卒業したなんて言葉はここからきたんでしょうか?

問題が正解なら「白点」がつき 1ヶ月の白点の多い者が上級の学級に進級できる仕組みだそうだ。
で、問題を出す方も生徒だから 当然 1ヶ月もすればほぼ全員学力は上がる。

アメとムチ

生徒達は30畳の部屋に30人が生活居住空間 兼 教室 兼 勉強部屋。

試験は月に6回あるから 遊んでるヒマはないようだ。 試験の前日はほとんど徹夜状態だし、夏の暑い夜なんか たいへんだったそうだ。 フンドシ1枚で勉強し なおも暑く汗がでるから、フンドシをハチマキ代わりにするものもいるそうだ。

一人1畳のスペースだから 寝るにせよ 場所の悪い人は、小便にいく人に頭を踏みつけられたり オチオチと寝てられない。 上級になればなるほど、窓際の風通しのいい明るい場所の1畳が与えられる。

塾生の最高位である、「塾頭」になれば 給料ももらえる。

▼ 幕末・明治時代はそんな若者が切磋琢磨して学力をあげたから 、中国・韓国のように列強にグチャ・グチャされずに済んだ。 どの塾もその専門性だけで、卒業生?を縛ることはなかった。 宗教系を卒業すれば宗教家でなく軍事関係に。 竜馬のように千葉道場で北辰一刀流の免許皆伝をもらっても、剣術で身をたてようとはしなかった。

▼ 大学生の学力のピークは大学入学時だという。 卒業するときは すっかりとその学力を忘れる。
昨年 新設大学の認可でもめたが 大学の経営を考えて 需要(生徒)がすくなくなったんだから、供給(大学)の数を制限するという。 これは ただのお金だけの問題だ。

▼ 現在の大学生の総数を200万人とし、その卒業時も学力を仮に100点とすれば、これからは150点とか200点にあげる努力のほうが、強い日本への近道のように思える。 幕末・明治にかけて 薩長土肥以外に全国から優秀な人が現れたのは、激流の時代だったこともあるが、全国の塾・道場・藩校と世界に負けない教育機関があったからなのだろう。

▼ 日本の人口の半分しかない韓国にオリンピックでのメダル数が少ないのは、日本人全体のレベルが下がった ということか。
[PR]

by wagayanao | 2013-01-30 21:44
2013年 01月 29日

1月29日  (火)

ガレキ処理 一つをとっても 賛否両論だった。 

新潟県を例にとれば、受入れを表明した市と、それに難色を示した県。

東京都は グタ・グタという市民に 黙れ と喝を入れた石原元都知事。

焼却後にでる灰や煙からの放射線の被害がどの程度なのかも、反対する人、賛成する人 どちらも憶測でしか判断できないだろう。

先週 新潟県の受入れは(全国?)6300tから1/20以下の300tまでに減った。 何も受け入れ先が多くなって 減ったわけでない。
当初の積算がずさんだったようです。 テレビでガレキを山積みしている映像をみれば、木造住宅の柱や梁にも見えるが、半分以上は津波での倒木や生木だったんだろう。 当然 それらは防腐処理はしていない。

1年以上も山積みすれば、ペソッ となるのは当たり前だ。 ナメクジ・ミミズ・幼虫と格好のエサだったはずだ。

▼ 絆だの復興だの政治は何をやっとるんだ。義援金 だのと 言うことは いうが イザ ガレキの受入れになれば反対する。 どうも その辺がわからない。

新潟県、とくに長岡市は 戊辰戦争で福島には大変お世話にになった。 長岡城落城とともに。2万人が会津只見町に避難した。
前のブログに 【恩義】  ・ 【余韻】 に書いたとおり だ。 

▼ ガレキ処理受入れ反対 なんてのは 恩を仇でかえすようなもんだ。

今晩 お通夜なので 早めの投稿でした。
[PR]

by wagayanao | 2013-01-29 15:48
2013年 01月 28日

知らぬが仏

1月28日  (月)

父が亡くなってから、仏や神に関係するブログが多くなりました。 今日のタイトルは「知らぬが仏」とあるが、仏様とは 全然関係ない話です。

昔 ナメクジが大きくなるとデンデンムシになり、ネギの根っこが「玉ねぎ」だと ずーーーっと信じていた。

ネギと玉ねぎが違うってことがわかったのは20代の後半だった。 知らないんだから しょうがないし、知っていて人生にプラスになったことも なかった。

で、昨日・今日とそんなニュースが朝日新聞にのっていました。

昨日の新聞です。
b0193252_1911288.jpg

最近の高校生はお茶の入れ方を知らないらしい。 
お茶ッ葉と水を入れた急須を直火にかけようとするそうだ。

今日の新聞です。
b0193252_1914077.jpg

最近の若い母親はお茶の作り方を知らないらしい。
お茶はコンビニで買うか、作るものと考えてるようだ。
お茶を「入れる」・・・という言葉も知らないようです。

▼ アベノミクス

新聞はよく見るほうだが、アベノミクスって なんのことやらわからんかった。 レーガンノミクスはなんかの解説でレーガン大統領の施策ってのを知り、安倍総理の施策の事なんだろう と別に気にとめなかった。

昨日の新聞です。
b0193252_1959642.jpg

この記事を読んで、「ハハーん」 こういうことかと納得した次第でした。

安倍=アベ は 読みの通りで ・・・・、ミクスではなく、ノミクスは
経済=economics=エコノミクス の エコをとって 安倍とくっつけた新作言葉だそうです。

今日の新聞です。
b0193252_19345924.jpg

野田元総理が経済問題を大胆に行えば、ノダノミクス。ってことのようです。
新聞やTVなどで 報道され 周知されるほど 新作言葉が定着するってことなんですね。

▼ ちなみに

昨日から読む本がなくなったので、昔よんだ本を引っ張り出してきました。
これです。
b0193252_19411090.jpg

司馬遼太郎の「花神」です。 定価320円 昭和54年2月10日 とあります。 オレが30歳頃読んだんでしょう。 主人公も何もかも 覚えていない。

で、「花神」の意味は 日本昔話にでてくる、花咲き爺さんのことを、中国語で「花神」というそうである。

ちなみに 東京駅の近くの「御徒町」って駅がある。江戸時代の武士階級で「馬」に乗れない下級武士を「御徒」と呼んでいた。 きっと「「御徒町」は そんな武士集団の町だったんでしょう。

江戸時代を知りたければ、東京の地名を調べたほうが手っ取り早い。

でも、 知らぬが仏 が一番。
[PR]

by wagayanao | 2013-01-28 19:59
2013年 01月 27日

弥栄

1月27日  (日)

弥栄と書いて、『いやさか』と読みます。 意味は“さかえること”・“繁栄を祈ること”だそうです。

以下 倫理宏正新聞からです。

今年は、伊勢神宮と出雲大社の ご遷宮 が奇しくも重なる年である。

この ご遷宮という行事は、社殿や宝物など、すべての古いものを取り壊し、また新しいものに建て替えるものだ。 ▼破壊と再生を繰り返しながら、世をつないでいくという概念が、日本的な風土精神であることがわかる。つまり、日本人の思想の根底に「終末」はないのである。宇宙には始まりなく、終わりなく、ただ 弥栄に栄えていくのみ。

東北の復興・原発の事故収拾・景気低迷・頼りにならない政治 を ご遷宮 し 日本の 弥栄を願い 日本再生の年にしたいものだ。

今日はこれで おしまい。
[PR]

by wagayanao | 2013-01-27 18:10
2013年 01月 26日

強い日本

1月26日  (土)

子供の頃 ザリガニ釣りをした。
釣りざおは1m位の棒。 釣り糸は母から分けてもらった裁縫糸。 エサは台所から失敬したホシコ。だ。

で、こんな仕掛けでも結構釣れるんです。 だってザリガニの目の前に「ホシコ」を垂らすわけだから。

数人で釣りにでかけ、釣れるのはほとんど在来種。 たまにアメリカザリガニが釣れると、天下をとった様な喜びだった。
当時はそんなハイカラな名前は知らず、「アカ・アカ」と叫んでいたいたような気がする。

我が家の周りでは、アメリカザリガニが我物顔だったのが、最近は在来種の方が多くなっている。
(気のせいかも?)

下水道の普及で河川がきれいになったのか、田んぼの農薬の影響なのか、アメリカザリガニの破竹の勢いが弱まったようだ。

頑張れ 在来種 アメリカに負けるな。

▼ ナメクジ界もすごいらしい。
 
幕末までの日本にいるナメクジは「フタスジナメクジ」。 明治維新後の文明開化とともに、ヨーロッパから、「キイロナメクジ」が侵略し、勢力を広げ およそ100年かけて日本全国に拠点を築きあげたそうだ。
その、「キイロナメクジ」は日本を占領したかに見えたが、太平洋戦争後、突如勢力を弱め、代わって台頭したのが、アメリカからやってきた「チャコウラナメクジ」。
b0193252_15651.jpg

b0193252_1561725.jpg


頑張れ フタスジナメクジ アメリカに負けるな。

▼ ここにきて ナメクジ・ザリガニ界に追い風が吹いている。 
安倍政権は強い日本にするため、お金に射止めをつけないそうだ。
少し古い話になるが、2006年9月にスイスで『国際ナメクジ研究者討論会』が開催されたが、残念ながら日本からの参加者はなかったようである。
農林水産省・国土交通省の役人は怠慢だ。 そんときに ナメクジをもっと研究しとけば、正月に問題となった、作業員が落ち葉を足でけんぼって、小川に落とす事件なんてなかった。

▼ナメクジは落ち葉が大好物。 

1マイクロシーベルトを含んだ「落ち葉」の量と それをナメクジが食べて「糞」とした量はどっちが多いか?・・
素人でもわかります。 
請負業者は大手建設業者だが、雑木・落ち葉を一か所に積み上げれば、1月もすれば,
放射性物質拡散よりも、湯気がたって、悪臭がすごい。
発注者も請負業者も 学校出てんのかね。 こんなことも わからんで。
発酵・放射性物質の拡散前に ナメクジに処分してもらうのが「手っとり早い」。
[PR]

by wagayanao | 2013-01-26 15:42
2013年 01月 24日

痴ほう症

1月24日  (木)

最近 どうも 物覚えが悪いっていうか、忘れる方が多い。

若年痴ほう症の初期症状?  昨日の夕飯の「おかず」は? なんて 前からはてな????で、別に気にしないけども。

昨日のブログで書こうと思っていたなのが 結局思いだせなかった。 それがメインのはずだったのに。

今日の新聞を見て 思い出しました。

b0193252_16344826.jpg


そうなんです。例年 暮れから正月にかけて、タイガーマスクなる人が現れる。 
でも それがニュースにならなかった。
それが思いだせずに、「熊」だの「野鳥」だの「お年玉くじ」だのに かこつけてブログを書いていた。

そういったタイガーマスク運動をしていた人は、今年はあきらめ 東北大震災の被災地へ善意を届けているんだろうか・・・・・とも 考えてみたりもした。

▼ 新聞記事では 30年間も三木さんは、毎月3000円の商品券を励ましの言葉とともに30年間施設に匿名で送りつづけたそうだ。

三木さんは中学をでて、洋服職人になりその道一筋だそうだ。 施設の園長さんが もしやと思い、尋ねたのが その送り主が三木さんだったそうだ。

▼ 寄付が知られた後 匿名のはがきが三木さんに届いたそうだ。 きっとその施設を出た人が送り主だったんでしょう。

▼ 自民党は自動車取得税を一転廃止に決めたようだ。
 それに霞が関の官僚も戸惑ったたという。

以下原文です。
中央省庁のある担当者は、財源がないという理屈が【自動車業界が買う政治家の】パーティー券という力に負けた。 とぼやいた。
今年7月に参院選を控え、自動車業界の支援が優先されたというのだ。

▼ どんな賞なのか わからないが、三木さんは 『まちがどフィランソロピスト賞』を受けたそうだ。 山中教授のノーベル賞に負けじ劣らずだ。  三木さんの他に 障害者を雇用したりと 何も言わずに弱者に手を差し伸べている人も少なくはない。 そんな善意の輪が大きくなるような 日本にしたいものだ。

昨日の ブログに追加です。

異変 其の5 タイガーマスクが登場しない。

異変 其の6 信濃川河川敷(三条)にフキノトウを採ってる親子が現れる。
[PR]

by wagayanao | 2013-01-24 17:12
2013年 01月 23日

異変

1月23日  (水)

昨秋から どうも変だ。

其の1  熊の出没がなかった。

其の2  大寒は過ぎたのに さっぱりと雪が降らない。

其の3  我が家に毎冬 食事にくる鳥がこない。

其の4  お年玉年賀はがきの 当たりは 0枚だった。

それなりの理由は考えられるが、どうってことはないので 良しとしよう。

▼ ips細胞から肝臓細胞ができたという。
b0193252_17552999.jpg
 
一昔はES細胞から「クローン羊」が誕生したが、ローマ法王やブッシュ大統領は そんな研究は邪悪だという。
どこが違うかわからない。

人間は精子と卵子が結合して、受精卵ができる。 1個が2個に。 2個が4個に。4個が8個に細胞分裂を繰り返すという。
その結果 60兆個の細胞ができて、赤ちゃんが誕生だ。 不思議なのは その細胞分裂の繰り返す回数は、たったの50回。

えッー と思い、計算機で計算してみた。2を10回掛けると1024個
20回掛けると約52万個。 まだまだ だ。
30回掛けたら 約5億4000万個にもなる。

肝臓細胞を作ったのは 40回目くらいの細胞分裂で できたんだろうか? 心臓は42回目とか?

ローマ法王がYES/NOと決める判断基準がよくわからない。 
[PR]

by wagayanao | 2013-01-23 17:56
2013年 01月 22日

言葉

1月22日  (火)

朝のNHKラジオが面白かった。 バレンタインデーのチョコの話だった。
本命チョコ・義理チョコって 今までの相場だが 最近変わってきているという。

今までは バレンタインデーの1週間程前から チョコの需要があったが、最近は コンビニの普及や ネットで手作りチョコのレシピの普及で、販売のピークは前日か当日になっているという。

それを義理チョコでなく、メーカー・販売店はギリチョコといって販売戦略を見直すという。 ギリチョコって ギリギリに売れるチョコのことのようです。

ごめんねチョコもあるそうだ。 義理チョコを渡すのを忘れた人に渡すチョコで、ごめんなさい・・・といって渡すチョコ。

逆チョコもあって、いわゆる逆玉バージョン。 男が女に渡すチョコだそうだ。 

要は なんでもありの世界になったそうだ。

で、女心をチト考えてみた。 女ってのは なーーんも 考えない生き物だと。

男なら、 バレンタインデーだったら、熟慮に熟慮を重ねる。 

本命チョコで、外れたらどうするんだろうか?  競馬にたとえるなら せっかく大金を1レースにかけるなら、だいたいの男は分散投資をする。 本命・対抗・穴馬と。

本命なら確立は高いが 配当は少ない。 せっかくなら 東大卒で裕福な家庭で育ったボンボンを穴馬として賭けるべきだと思う。

昨日の続きになるが、言葉って進化したり、絶滅もする。 アルジェリアの人質事件の首謀者は今は
テロリスト」って言葉で簡単に片づけられる。

日本語も時代により、新語・造語が現れるが、欧米でも同じようです。

英語はからっきしだめだが、姜 尚中さんと 小森陽一さんの対談集からなんですが、
『テロ』とは本来、国家の内部で権力に抵抗するものが、殺人などによって権力の側を脅す犯罪だそうだ。
ってことは 30年程前の日本赤軍のような存在ってことでしょう。
テロリスト」はテロ組織の中の個人をさす訳なんですが、 本来それを取り締まるのは、警察の任務。決して軍隊ではない。

▼ 9・11同時多発テロ後 ブッシュ大統領は一般教書演説で【悪の枢軸であるイラン・イラク・北朝鮮を相手にした「テロとの戦争」と位置づけた】 これを境に 「テロ」 と 「戦争」 の言葉の意味が変わっていった。

▼ War on terror = テロとの戦争 が世界に認められるようになった。 これを terrorをterorisutにすると戦争=Warは、なりたたないそうだ。 (英語はさっぱりとわかりましぇんけど

▼ Warとは戦争のことで、法的用語としては『国権の発動たる戦争』だそうだ。 多国籍軍がイラクにハイテク兵器を使って 首都に向かってドンパチ・ドンパチとミサイルを撃ち込んだ。 で、これは戦争ではないそうだ。 戦争は宣戦布告をもって戦争とよび、太平洋戦争で日本軍が真珠湾に奇襲をかけた。 この時点で なにかの手違いでアメリカには宣戦布告は出来ていなかった。 それを手玉にとって 日本は卑怯なり となった次第。 数時間後の宣戦布告がアメリカに伝えれた時点で戦争とよべるようになったそうだ。

なんだか 戦争という言葉は もう消滅して いいようだ。 だって 今の時代 1秒でも早くボタンを押せば 相手国に無慈悲な攻撃・破壊が出来る時代だから、宣戦布告なんて時代遅れだ。

▼ この2・3年 信濃川の土手を走ると「テロ警戒中」なんて看板がある。 草むらにテロリストでも隠れているんでしょうか?、その後土手は草刈りをして テロリストの隠れる場所は無くなっている。  当時は小沢が政界を牛耳っていた。 コンクリートから人へと政策(国策)が建設業者から 離れて行った時代である。 疑ってみれば、小沢は土建屋に草むしりの仕事を発注してたんだろうか?

▼ 悪の枢軸として「イラン・イラク・北朝鮮」を名指して、アメリカとイギリスとの間の二国間軍事同盟に基づく集団的自衛権の先制的行使と称して、2003年3月20日から イラク攻撃をした。 

▼ 日本はそれから10年遅れで 国際社会の一員と称して 集団的自衛権を行使できそうだ。

話題は変わって 竹馬の友って言葉がある。

日本では幼馴染の近所の仲良し友達 って意味ですが、 そもそも この言葉が出来た中国はそんな意味に使っていなかった。
b0193252_2057536.jpg

b0193252_2059551.jpg

b0193252_210576.jpg

[PR]

by wagayanao | 2013-01-22 21:00
2013年 01月 21日

目うろこ

1月21日  (月)

タイトルの『目うろこ』 ってなんだと中高年は思うだろう。 若者は察しが付くんではなかろうか。

『目からうろこ』を短縮言葉にしただけにすぎません。 
どうもそういった 短縮言葉についていけない。 イクメン ってなんだ???と人に聞かねばならんかった。

年賀状メールは「アケオメ」 ・ 「ことよろ」に略されるそうだ。 アケオメはすぐにピンとくるが、「ことよろ」って????ってことになる。 中高年は。

日本で生活している外国人は日本の言葉やことわざに魅力を感じるそうだ。 『喧嘩両成敗』 ・ 『禍転じて福となす』 など一例です。

若者でなく、外国語を短縮して使う言葉も多い。 『リストラ』 を例にすれば、

本来日本語では「雇用削減」である。 品のない言葉では、「首切り」 である。 カタカナ語を使うことで、何かをごまかすんですね。 景気が悪くなり 大手企業は「首切り」をせざるを得ない。 かといってそんな表現では企業イメージが低下してしまう。 政治家と一緒にマスコミも含め 企業イメージを損なうことなく、『リストラ』という言葉が一気に全国に広まった。 

ここで問題です。(国語かな?・歴史かな?)

時間・社会・現実・科学・物理学・可能性・現象・彼女・喜劇・景観・感覚・美学・美術・会社・心理学・哲学・元素・番号・引力・客観・概念・肯定・機能・進化・理性・理想・象徴・直感・本能・主観・定義・遺伝

さて この言葉ですべて共通するものは何でしょう?????

ヒント 前のブログにも書いた「国際社会」もこの仲間です。

正解は この言葉は幕末・明治期の日本人が欧米各国の言語から翻訳して作った日本語なんです。

えッー 知ってから目からうろこでした。
[PR]

by wagayanao | 2013-01-21 20:10