我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2013年 10月 31日

品のない日本シリーズ

10月31日  (木)

現在6回の表ノーアウト1塁でバッター「ジョーンズ」の場面。

ブログどころじゃないが、TV中継を横目で見ながらの投稿です。

プロ野球っていえば日本は老若男女のファンが見ている。それも日本一を決める場面で選手・監督の品のない場面がたびたび登場する。

① ツバを吐く・・・・・・外野手がツバを吐いても守備範囲が広いから「大目」にできるが、ピッチャーやバッターがツバを吐けば、次の人の迷惑になる。

ピッチャーは投げる瞬間につま先が地面に密着するようマウンドを靴先で常に整えている。
そこに前のピッチャーのツバがあればいい気になれないだろう。

バッターボックスでぺッ・ぺッとツバを吐くが、キャッチャーの目の前だ。とばっちりがキャッチャーに当たるかもしれないし、ワンバウンドのボールもキャッチャーは捕らなきゃいけない。
審判もベースが汚れれば手ホーキでサッサと掃除する。そこにツバがあればイヤな気分に誰でもなる。

② 監督の顔色も気になる・・・・・・原監督はピンチでもチャンスでも「能面」。 これじゃー選手は自分のプレーがどう評価されているのか戸惑ってしまう。

対する星野監督は仏頂面。たまに苦笑い程度。 これじゃー選手は監督にビビってしまいプレーどころじゃない。

あの仏頂面は小沢一郎にそっくりでいただけない。 もひとつ星野監督はベンチでペットボトルでお茶のようなものを飲んでいる。
それ自体は問題ないが、ペットボトルを口にいれ、飲んだあとキャップを閉めながら口の中で「ゴボゴボ」とやっている。
TVカメラはそこで終わるが、その後「ぺッ」とベンチの中で吐くのか?それとも「ゴボゴボ」したのをそのまま飲み込むのか?どっちにしろ品のない行為だ。

③ TV中継はスポンサーがあってのものだが、コマーシャルが多すぎる。

チェンジのあとを数えてみたら、6社・7社のコマーシャルが必ず入る。 守備側がピンチになると、コーチ?野手がマウンドに集まるときも2・3社のコマーシャル。

そのうちコマーシャル専門のチャンネルに野球中継になるような勢いだ。 スポンサーも充分反省するべきだ。

▼ ここまで品のない行為を野放しにすると、野手がフェンスに向かってグローブで隠しながら「立ちショんベン」もしそうで 、ちと気にかかる

▼ で、ここまで書いて7回裏巨人の攻撃だ。村田のソロホーマーで点差は1点に ・・・・・・・おしまい。 
[PR]

by wagayanao | 2013-10-31 20:31
2013年 10月 30日

失敗作

10月30日  (水)

プロ野球のペナントレースはここ10年見るのは、年1回あるかないか。

各チームの主力選手の名前すらよくわからない。

巨人の4番バッターは、阿部慎之助だと思っていたが、小太りの「村田」という男らしい。

昔から巨人の4番バッターは打撃以上に光るものを持っていないと、ダメだと聞いていたが、「村田」の姿・形をみれば永年の巨人ファンからみれば情けないだろう。

「小太り」はさておき、あの髪形はなんだ
床屋で耳の付近を失敗して刈り上げたような無残な髪形。 あれだったらお隣の国のおぼっちゃま、キム・ジョンウンのほうが、まだまし。

完全に失敗作だ「村田」は。

▼ 次の失敗作は今日の「朝焼け」

栗ヶ岳の左側に太陽が昇るが、今朝はアチコチから昇った。↓
b0193252_208016.jpg

なんだか アチコチから噴火してるような異様な光景だった。
らしい・・・・・(女房撮影)

▼ オレの失敗作。↓

b0193252_20104586.jpg

ありあわせの材料で冬囲いをつくってみたが隙間だらけ。

これじゃー意味なさない。こんどの休みにホームセンターで材料を買ってこよう。
[PR]

by wagayanao | 2013-10-30 20:14
2013年 10月 29日

はざま

10月29日  (火)

ももひき?スパッツ?ズボン下?を履いて10日は経つ。天気のいい日も現場に行くまでは暖房。昼上がりには冷房をつける(車の中)。
季節としては「秋」だが、冬のような夏。 冬と夏のはざまとしか思えない秋とは呼べない季節だ。

我が家のはざまの季節です。

b0193252_1928798.jpg

この子も冬眠の時期を思案してるに違いない。

b0193252_19295455.jpg

b0193252_19301558.jpg

大きさからして「茶カマキリ」はオス。「青カマキリ」はメス。
10月20日撮影だが、その後交尾をしたとか、卵を産んだとか目撃情報はなし。
カマキリも季節を見失ったか?

b0193252_19334468.jpg

アジサイの花です。アジサイって6月の花なのに。

b0193252_19343747.jpg

シクラメンの花。 早春の花なのに。

b0193252_19351125.jpg

「ツタ」?と「はぜ」の紅葉ですが・・・・・
b0193252_19355136.jpg

地植えのハゼはなぜか 紅葉どころでない。

我が家の季節感あるのはこの3者。? イチョウ・キノコにアゲハのさなぎ。
b0193252_1938558.jpg

b0193252_19381811.jpg

b0193252_19383164.jpg


今年の冬将軍は強敵のようだ。 たまには大雪の翌日が「真夏日」でもなんないでしょうかね。
[PR]

by wagayanao | 2013-10-29 19:42
2013年 10月 28日

日本シリーズ

10月28日  (月)

昔の日本シリーズは興行であり、ファンサービスと金儲けもあったようだ。

4連勝なんてあり得ない。 第7戦までもつれこむのが常だった。・・・・・最近はそれが「ばれたら」恐ろしいのか ほんまもんの勝負になったようだ。

昨日・一昨日の日本シリーズは、どちらが勝ってもおかしくない良い試合だった。

勝敗は時の運というが、神の運の方が適当かも。
 
初戦は巨人ファンの「神様」がいて、第2戦は楽天ファンの「神様」がいたようなもの。

初戦の先制打はどれほどの安打ではない。たまたま得点圏にランナーがいて内野手の間に転がった。
追加点のソロホームランは神様が「フッ」と息をふき かろうじてホームラン。

負けた楽天は得点圏にランナーがいても、鋭い当たりが野手の正面でゲッツー。
ホームラン性の当りも巨人ファンの「神様」が「フウーー」と息を吸い、フェンス手前で失速。

第2戦は楽天の先制打は神様もしびれるようなタイムリー。 続く追加点は楽天ファンの「神様」のイタズラ。
完ぺきにセカンドゴロ?でバッターはアウトの判定と思いきや、塁審は「セーフ」 と ありがたい追加点をいただき。

ここまで「神様」がおおっぴらにイタズラするとばれる恐れがあるので、またちょいと巨人にサービス。

大きなセンターフライを神様がちょいと「フッ」って吹いて まさかのホームラン。 

明日から3連戦。 神様のいたずらが楽しみだ。
[PR]

by wagayanao | 2013-10-28 21:58
2013年 10月 27日

負けないで もう少し~~

10月27日 (日)

さぁー負けない男の登板だ。 「マー君」です。

昨日は則本とマー君で2連勝とブログを締めくくったが、見事にはずれた。

安打数は楽天が多いだけに、楽天が勝ってもおかしくはない試合だった。 負けたのは時の運でしょうかね。

酒好きは、何かにつけ〇〇会と名打ち、歓楽街にでかける。

楽天ファンなら反省会と称して飲めるが、巨人ファンなら仙台の歓楽街でおおぴらッに祝勝会と飲めないだろう。

それにしても巨人も大人げはない。 被災地へ出向き、勝つなんて。

ありゃー~~。もう2回の表まで進行した。

今日勝って1勝1敗のイーブンってことで。  おしまい。
[PR]

by wagayanao | 2013-10-27 18:53
2013年 10月 26日

アンチ巨人

10月26日  (土)

日本シリーズ中継始まりました。 1回を楽天則本投手 余裕で巨人を抑えた。

さっさとブログを投稿し、野球中継をみなくっちゃー。

金に物をいわせる巨人がどうも好きになれないが、かといって他球団のファンでもない。

そもそも永久に不滅の「巨人軍」って正式名称はなんだ?

日本語で『巨人』? 英語で『ジャイアンツ』? 和洋折衷で『読売ジャイアンツ』?

巨人のマークが【Y G】の組み合わせだから、『読売ジャイアンツ』が正式なんでしょうか?

対する楽天のマークはなんだ?

『毛』 ? 『手』 ? 『モ』 ? 全然楽天のイメージには届かない。


ここまで書いたら2回の表ツーアウトまで進行。

とりあえずホームで2連勝だな楽天は。・・・・・・・おしまい。
[PR]

by wagayanao | 2013-10-26 18:54
2013年 10月 25日

ショート ・ ショート

10月25日  (金)

ショート・ショートは一発芸人で聞く言葉だが、本来は短編小説よりも短い小説を指すそうだ。

不審者現る!! ↓
b0193252_205981.jpg


それも2匹。 ↓
b0193252_20594646.jpg


おしまい。 044.gif
[PR]

by wagayanao | 2013-10-25 21:01
2013年 10月 24日

確信犯

10月24日  (木)

ネタ不足につき朝日新聞の感想文?です。

今日の天声人語です。

天然ウナギは食べていて釣り糸に噛み当たることが、まれにあったそうだ。

養殖ウナギではその心配はないが、天然ウナギのほうが高価である。 わざわざ養殖ウナギに釣り針をつけて、お客に出す不心得な店も昔あったそうだ。

そこまでやるとは恐れいりました。022.gif  大手ホテルの食材偽装も1品でなく47種もあるという。  社長が謝罪会見したようだが「確信犯」

恒例の「今年の漢字」で2007年は 【  】。 

我が家の食卓で「高級食材」が並ぶことはない、コシヒカリよりもコシイブキ。 30Kで1000円ほど違いがあるが、食べていてもその1000円の価値はさっぱりとわからない。

10年ほど前の冷夏で日本のコメが全滅で台湾米が流通したが、オレの喉元はそれで充分と言っている。

▼ 食材の偽装に関しては、我が家はどれほど困ることはないが、それ以外の原料も 「ちと 心配したほうがいいよ。」 って記事があった。 ↓
b0193252_20284945.jpg


10月21日(月)の記事です。

革靴の原材料は90%はバングラデシュで作られているそうだ。 原材料の品質は日本企業でチェックするが、現地の工場の作業環境までは確認はしていない。

現地の労働者は素手で化学薬品を扱い、廃水も側溝に垂れ流し。

日本企業で現地の工場の作業環境を調査してるのは、スポーツ用品の「ミズノ」 ・ 「アシックス」とごく一部だそうだ。

▼ たまたま?記事は皮靴の限定だったが、中国の大気汚染を見ればなんだか恐ろしくなってくる。

PM2.5の影響で、昼間でも車のライトをつけたり学校が休校になったりする。 日本に出回ってるほとんどの商品はその中国からが現状。

健康上の問題もさることながら、バングラデシュに生産委託したイギリス企業が現地工場で1000人以上が死亡する崩落事故があり、補償などの対応を余議なくされたという。

▼ 日本企業も海外の安い労働力を求め、海外に工場を移転させたが日本に戻ってくるのは、そう遠くないように思う。
[PR]

by wagayanao | 2013-10-24 20:52
2013年 10月 23日

極秘

10月23日  (水)

4・5歳の子供に内緒だよっていっても、すぐにゲロしてしまう。 それが段々と大人になってくると、忠誠心が高まり、幕末の人斬り「岡田以蔵」のように死ぬほどの拷問を受けても、ゲロしなくなる。

同じように日本も明治維新から文明開化とともに段々と大人になっていくようだ。

特定秘密保護法案のことです。 どうも憲法9条の改正と一緒に日本が再び戦争に加担する「そびれ」が見え隠れしている。

ひょっとして「憲法9条」の改正はアメリカと密約がすんでおり、それを正々堂々と極秘ってことにしましょう・・・・・と取り決めがすんでるかも???

~~恐ろしあ・オソロシア。

▼ 明治初期に日本は台湾に出兵し、ひともんちゃくがあった。 アメリカ・ロシア・イギリス・フランス・ドイツなど列強と呼ばれる国はそれを警戒した。 国家予算・軍備は日本は比べようがないほど列強は秀でている。

ただ恐れていたのは、東アジアに30万人の精鋭兵隊を集めることができるのは、ロシアを除くと日本だけ。(戊辰戦争後で武士階級が多い)

イギリスはアヘン戦争で、中国からの利益をむさぼるようにとっていた。台湾問題で日本が中国から同じようにされては困ると、変な悪知恵を日本に提言する。

中国より韓国を盗った方が得策ですよ。 それならイギリスは日本に協力します。・・・・なんて。
 
↓ 極秘文書です。
b0193252_2112111.jpg

これは司馬遼太郎の「翔ぶが如く」の小説の話なので、外交問題とはならないが、政府から発表されれば「とんでもない」大問題になるだろう。

▼ 特定秘密保護法案は30年・50年たっても出せないものが全くないとは断言できない・・・・・・
 と 石破幹事長は発言している。 ↓
b0193252_21105549.jpg


▼ 国家間で秘密にしておいた方が得策であり両国に利益をもたらす事項であっても、100年・200年の単位では決していい事ではないような気がする。 
秘密にするより公開したほうが後世のためになるようにも思える。

▼ 特定秘密保護法案は夫婦限定でしかるべきだ。
[PR]

by wagayanao | 2013-10-23 21:16
2013年 10月 22日

情報の共有

10月22日  (火)

ちびら・ちびらと読んでる「翔ぶが如く」が5巻目になった。 登場人物が多く それを紹介してるためストーリーが頭に入らないどころか、ただ活字を読んでるだけの状況だ。

なんとなくだが、本を読んでわかった事です。

清朝末期の政治家・軍人の李鴻章について ちょっとだけ説明。 ↓

太平天国の乱を李鴻章が鎮圧し、その功績で清朝は李鴻章を幹部に(中央の)抜擢しようとしたが、李鴻章は幹部になっても最後は政府に殺されるだけが今までの前例なので、それを固く固辞。
結局 地方の役人止まり。今でいう重慶市の市長クラスってとこでしょうか?

李鴻章は政治・軍事の実力もあるが賄賂をもらって私副をこやすのも天下一品。 ロシアの南下政策で大した戦もないまま、アムール川北側をロシア領として認めた代わりにも相当な裏金をもらったそうだ。

明治維新早々、征韓論派の西郷隆盛が非征韓論派の大久保利通に敗れたが あろうことか弟の西郷従道を頂点とする軍を台湾に派遣し、現地人と一戦を交えた。

その後の停戦交渉が暗礁に乗り上げ、柳原公使じゃー話相手にならんと李鴻章は談判に乗ろうとしない。

手詰まりの明治政府は総理大臣格の大久保利通が直々に台湾でなく、清朝・北京に乗り込んだ。

大久保も大久保で最初から地方の役人の李鴻章では話にならんと、あえて中央政府と談判を始めた。

▼ 明治政府がなんで台湾と戦争をしたかっていえば、日本の領民が台湾で殺されたから。その仕返しのために台湾の現地人と戦争状態になったという。

談判は1カ月以上もかかり、最後は決裂状態。

大久保の言い分は台湾は中国(清)の領土なのか? それとも属国で中国の領土ではないのか?と執拗に迫った。

中国領なら日本の領民を殺した賠償・償いをせよとせまり、属国なら日本軍が台湾を征伐し、占領すると迫る。

のらり・くらりと大久保の問い詰めをかわす清との交渉は決裂。 大久保が日本に引き上げる寸前でイギリスの仲裁で両国に華をもたせる「案」でやっと落ち着いた。

▼ ↑のことは左から聞いて右に流す程度の出来事。

ここから本題です。

日本の領民って聞こえはいいが、沖縄県人のことです。 明治政府が樹立した当時は琉球王国であり、薩摩藩の支配下でありながらも、鎖国制度をとっていた清朝の支配下であり、琉球王国は両国の両族関係。

いくら大久保利通がドスの利いた声で、談判で清朝を脅したとしても清朝の幹部が琉球は清朝の一部と認識していれば、

なにをおっしゃる大久保さん。 自分の国の平民が殺人事件を起こしたからといって、日本が我が国に軍隊を差し向け「けしからん」 とは何事か!!!!でおしまいだった。

この日清談判は最初から琉球は日本の領土という認識で「清」が交渉・談判したのが悪かった。
・・・・・っていうより日本はまるもうけ。

日台問題で世界中に公然と清は沖縄を日本領土として認めたわけだ。

琉球王国は薩摩と清国の両族関係だったことは知っていたが、日本の領土になったのは「日清戦争」後からだと思っていたが、大久保利通の気迫で日本領になったんですね。
[PR]

by wagayanao | 2013-10-22 20:16