我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2014年 12月 29日

もったいない

12月29日  (月)

昨日のブログ休みました。  「ズル」でなく「病欠」。 鼻水ダラダラ・関節痛・眠い・寒気・・・・・と最悪だった。

で、今日はコンタック600でほぼ回復。

人間って起きてる時間以外は寝ている時間。 これってどうにかなんないんですかね?

年をとればとるほど寝てる時間が長くなる。

だんだんと寿命が短くなるのに比例するように、起きて活動する時間も短くなっていく。

風邪薬のなかに「睡眠薬」が入っているのか、横になれば「スー・スー」と簡単に寝入る。 昨日はまだ、仕事もブログ書きも残っていたが、気力・体力が湧かない。

風邪をバカにできない・・・・・と。実感した昨日でした。

あぁ~風邪薬をのんで、1時間経過。 また眠くなってきました。

おやすみなさい。
[PR]

by wagayanao | 2014-12-29 19:50
2014年 12月 27日

残り

12月27日  (土)

今年の残りも少なくなった。 今日で仕事納めの会社が多い。

ってことは、正月休みは2週間もある。 昔なら31日の大晦日の午前中に掃除・片付けで御用納め。1月4日から仕事始めだった。 
それでも、長期の休みは、この正月休みだけ。

30年・40年前と比べれば実働日数は極端に減った。 休日が増えたからといって給料が下がる訳でないのに日本って良い国だ。

経営者側から見れば「痛手」には違いないが、そのために会社が傾いたなんて話はない。

実働日数が減った分、効率よく仕事をこなしているんでしょう。

△ 建設業の大半の見積もりは、長さ・面積・体積に対しての単価が決まっている。 その単価の中に、材料費と人件費(取付費・加工費)が含まれることが多い。
当方は水道屋なので、単価はメ―タ―(m)当たりの金額だ。 材料は年々上がるので単価が上昇するが、休日が増たから単価が上昇したなんて聞いたことがない。

また、職人一人・一人の技能が休日が増えた分上昇してるなんてこともない。 効率のいい作業工具・建設機械の普及がせめてもの、人件費抑制だろう。

△ ヒトサマと同じように休んでいたんじゃ~~「オマンマ」が食えないのは当方だけ? 日雇い労働者と変わらない。

あぁ~ 明日も・明後日も仕事だぁ~~~~。
[PR]

by wagayanao | 2014-12-27 21:50
2014年 12月 26日

比較文化

12月26日  (金)

衰退する地方を活性化するために、安倍内閣は地方創生部門をつくった。 

地方=田舎=貧困・・・・・という図式が問題視される。  でも、地方・田舎・貧困は最近の現象ではなく、昔からあったわけで、TVなどで大量の情報が日本隅々までいきわたるようになり、

大都市VS地方 ・ 都会VS田舎 ・ 裕福VS貧困と比較すること自体が間違ってるように思う。

大都市である大阪・名古屋・東京間に走る「新幹線」 や 「山の手線」 ダイヤなんて関係ないように4・5分間隔で走っている。

田舎の電車は1時間に1本は速しればいいほう。 またそんな電車も全席指定席みたいなもんで、ラクラクと座れる。

ラッシュに慣れた都会人はそんな「のんびり電車」に憧れる?

裕福・貧乏を比較すれば、だれも「裕福」がいいに決まっている。

ボンクラ息子が親の財産で暮らすのは例外だが、「裕福」な人は、人生の大半をそれなりの苦労をしている。

子供の頃は遊びたいのを我慢し、勉強し。 社会人となれば収入以上に責任を負い、日曜出勤・深夜残業と仕事一筋だ。

遊びたい時に遊び、上司・経営者の不平・不満を経済評論家如く言う生き方もマンザラでもない。

まッ物事は考えようで、今の環境が一番と思うのが幸せな生き方。

「住めば都」という良い言葉がある。

△ ただ 山間地の集落は「若者」が都会(町)へ出ていき、残った者は高齢者で、集落衰退するようでは困る。
[PR]

by wagayanao | 2014-12-26 21:22
2014年 12月 25日

乗っ取り

12月25日  (木)

12月21日のブログで『のっとり』を書いた。 維新の党に加入したばかりの「江田憲司」が年明け早々に乗っ取りしそうな感じになってきた。



b0193252_21272880.jpg


あの強気のやんちゃ坊主の「橋下前代表」も手を焼いている。

△ 室町時代ってたいしたことのない時代のようだが、鎌倉幕府滅亡後、家康が天下を平定するまで約300年も続いている。

いつの時代でも日本のトップは天皇であり、天皇は軍隊をもたない代わりに、治安を守る将軍が君臨しながら政治を行っていた。

室町時代も初期は足利家が絶大な勢力を持っており、はむかう豪族は皆無。 だが日本全国をくまなく実力支配はできない。

地方の古くからある由緒ある豪族(城主)も官位がほしく、天皇・将軍家に金銭を使い、自らの地盤の兵力はおろそか。

豪族(城主)もイザ戦争があれば、身内である〇〇家・△△家・☆☆家から1000人・2000人と兵士を集めていた。

そのうちに能ある〇〇家が城主にとってかわり、国(藩)を支配するようになったのが、室町時代後半で、下剋上と呼んでいる。

維新の党を立ちあげた時は飛ぶ鳥を落とす勢いだったが、大阪都構想のため、大阪府知事をやめ、大阪市長になったりと、強引な手法で世間の目を「維新の党」にひきつけようとしていた。

党勢拡大も急務だが、いかんせん選挙の洗礼を受けねばならない。そこで江田氏が国会議員10人程つれて、一緒の仲間にしてくださいときたもんだ。

お互い 政治の方向性は違うものの、数の力だけは一致していた。

「維新の党」は橋下元代表以外はこれといった実力者はいない。 「みんなの党」は江田憲司氏にグチャ・グチャにされ最後は解党。

「維新の党」も江田氏に乗っ取られるのも時間の問題のような?

京の斎藤道三も素浪人から、豪商の奈良屋の番頭になり、奈良屋を倒産させ、すぐに商号を山崎屋に改め、社長に就任したように、江田氏は「維新の党」を乗っ取り、橋下氏を追放し、党の名前を変えるだろう。

△ ・・・・・となると維新のあとは明治。 【明るい政治】をスローガンにでもするだろう??。
[PR]

by wagayanao | 2014-12-25 22:03
2014年 12月 24日

格別

12月24日  (水)

あまりにも美味しいもんだから 飲みすぎてしまった。

だいぶ酔っています。 今日はこれで限界だ。 後は想像にまかせます。 
067.gif 068.gif 069.gif

b0193252_22294528.jpg


b0193252_2230351.jpg

[PR]

by wagayanao | 2014-12-24 22:30
2014年 12月 23日

ゆく年・くる年

12月23日  (火)

残すとこ1週間程で今年は ハイ・サイナラ。 大晦日恒例の紅白歌合戦が終了と同時に、

ゴーン  ゴーン  ゴーンの除夜の鐘とともに、「ゆく年・くる年」が始まる。

0時(15分前)前は 静寂な15分の時間だが、0時を過ぎると 明けましておめでとう・・・と一転 賑やかな番組となる。

もう何十回となく「ゆく年・くる年」を経験しているが、今年は15分・20分でなく、もっと楽しめそうだ。



b0193252_19284926.jpg


明日からこの「ゆく年・くる年」を飲みながら今年1年を振り返り、来年も良い年であるように妄想しよう。

その前に 今年は良い年でありました。 ↓

孫 誕生 です。

b0193252_19324038.jpg


b0193252_19325880.jpg


b0193252_19331628.jpg


3月に生まれ、もうじき 「はいはい」ができそう。

△ 朝日山「ゆく年・くる年」は中学の同窓生から頂きました。

冷で飲むか? 常温で飲むか? 燗して飲むか? 明日が楽しみ~~~~011.gif
[PR]

by wagayanao | 2014-12-23 19:34
2014年 12月 22日

憂鬱

12月22日  (月)

人は憂鬱(ゆううつ)を繰り返す人生を過ごすだろう。 ただ医師にかかるほどの症状でないのが大半でなかろうか。

医師にかかるほどの「うつ」症状は、最悪 自殺にいたるから大変な病だが、「憂」の症状も「うつ」に負けずに大変な病。

気持ちがハイテンションになり、仕事・遊びの普段の量の倍以上こなす。 当然 眠くならず、日中は仕事をバリバリこなし、終わるまで残業する。
その後 個人的な趣味や遊びに没頭する。 それが何日も続くもんだから、当然 睡眠不足となり体の不調をひきおこす。

△ かくいう当方も毎年「憂欝」を繰り返している。

「うつ」になるのは、11月中旬過ぎから「ミゾレ」が降る間。 日が段々と短くなり、気温も急激に低下する。 暑さに慣れた体は、その寒さに対応できずに、「イヤな季節になったなぁ~」という思いで「うつ」症状になる。

それが「冬至」を境に、日が長くなる。 寒さは 1月・2月ともっと寒くなるが、体が寒さに対応してきてるので、苦にならない。

△ 今日を境に 明日から日が長くなると思うと、なんだかウキウキ気分になってくる。

さ~~て 明日から本格的な冬を楽しむことにしよう。
[PR]

by wagayanao | 2014-12-22 21:30
2014年 12月 21日

のっとり

12月21日  (日)

先週 大荒れの天気の日に衆議院選挙があった。 選挙結果がどうであれ日本の変わりばえはしないように見える。

経済好転は一人の政治家・一つの政権でどうなるものでない。世界情勢で一瞬でかわる。

気になるのは、「憲法9条」のおかげで、世界情勢がどんなに変化しようが、日本は防衛以外は戦争に加担することはない。

2/3以上の議席をもつ自公さんよ、「憲法9条」だけは手をつけないでもらいたい。

△ 「国盗り物語」を読んでいる。前半は斎藤道三が主人公だ。 道三は僧侶から京の奈良屋という油屋にムコ入り。
女社長の店にムコ入りだから、今でいう専務クラス。

で、専務自ら奈良屋を廃業し、山崎屋を起業。 やってる仕事は同じなのに専務から社長に昇進。

社長業のかたわら、全国制覇の野望をもち諸国を歩き、美濃を制するのが手っとり早いと気付き、ついに美濃のトップとなったが、生涯の大半を使ってしまい、全国制覇は夢となった。

ヒーロー伝説のようだが、後世のイメージはよくない。 陰謀・策略が多すぎたからだろう。

△ 今の政治家もそんな類の連中がいる。 筆頭は小沢一郎だろう。超巨大企業である自民党に所属し、エリートコースの田中派の幹部まで登りつめたが、親分の失職で天下の野望は消えた。

竹下と組んでみたが、もうちょいのところで挫折。 こんどは民主党で政権与党につきたが、自ら内紛を起こし総理の座をつかむ寸前で民主党は分裂。

もう高齢なので小沢一郎の再起はないだろう。

代わって「みんなの党」→「結衣の党」→「維新の党」と渡り歩く江田憲司が不気味だ。

江田憲司も小沢と同様、政界をゴチャ・ゴチャするだけで、日本にとっては百害あって一利なし・・・・の迷惑先番な政治家だろう。
[PR]

by wagayanao | 2014-12-21 21:20
2014年 12月 19日

怪人とつきあう

12月19日  (金)

若い頃は「硬派」を自称し、オンナなんてなんのその・・・・って感じで人に妥協もせず、自分の思うままの生活だった。

最初に勤めた会社は5年も続かず、二度目の会社は10年続かなかった。

3度目の会社は、もう努めようとする「気」すら起きなかった。 なら残された道は独立しかなかった。

それが良かったのか悪かったのか、今もまだわからない。

一匹オオカミに憧れ、妻をメトッタら夫婦オオカミ。 一人・二人・三人と子供に恵まれ、今では孫を含め9匹オオカミ。

来年は10桁に突入だ。 

夕方 二男夫婦が子供を連れてやってきた。3歳の長男と今年3月に生まれた長女は可愛くてしかたがない。

赤ちゃん・幼児といえども、起きてる間の行動力?はすごいパワーだ。 そんな怪人とは、とてもでないが、ジジ・ババは付き合いきれない。

せいぜい半日だ。 幸い 明日・明後日とも仕事で、幼児との付き合いもわずかな時しかない。 ババは大変だろう。
[PR]

by wagayanao | 2014-12-19 22:19
2014年 12月 18日

一番の楽しみ

12月18日  (木)

あぁ~~~やっと仕事が終わりました。 もう11時過ぎてしまった。

・・・・・というわけで今日のブログはオシマイ。

で、これから布団にもぐって本を読むのが一番の楽しみなんです。

「国盗り物語」3巻を今日読み終えるかな? なんとか4巻(最後)を年内に読み終えたい。
[PR]

by wagayanao | 2014-12-18 23:13