我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2015年 03月 31日

最後のブラック番長

3月31日  (火)

昨日・一昨日と引っ越しの手伝いにいってきた。 時間があれば開業したばかりの新幹線糸魚川駅を見たかったが、そんな余裕はなかった。

荷物をまとめ終わり、最後の糸魚川での夕食です。↓

b0193252_19342355.jpg

↑中華料理店の店先の自販機。 ブラック番長を描いていました。

当日は6時前に三条を出発し、朝食・昼食とも簡単に済ませ、夜はオジ夫婦と久しぶりの夕食でした。↓

b0193252_1940066.jpg


「ブラック焼きそば」も注文 ↓
 
b0193252_19411546.jpg


この「ブラック焼きそば」曲者なんです。 唇のまわりは真っ黒。歯も真っ黒。になります。 食後歯磨きをせにゃならん。 以前 オジの進めるまま食べたことがあるが食後が大変。 

全黒制歯』を合言葉に活動してるだけのことはありました。

まぁ~ 食事中はこんな感じです。 ↓

b0193252_19452914.jpg

↑ モデルは3歳の孫でした。

翌日も6時前に糸魚川を出発し、群馬県前橋市へ。 長野経由・長岡経由も前橋まではほぼ同じ。距離にして350Km ・ 時間で3時間半。

3歳の孫は前橋で初の幼稚園。 それが嫌なのか、『糸魚川へ帰りたいよ~~。』と泣く。

1歳の孫は、」な^^^~にもわかっていない。 ただ目の前の事で一喜一憂? ↓

b0193252_19533611.jpg

b0193252_19534611.jpg


前橋はもう桜が満開でした。 ↓

b0193252_19543596.jpg

[PR]

by wagayanao | 2015-03-31 19:54
2015年 03月 28日

ツバメ

3月28日  (土)

今日 始めてツバメを見た。 仕事先の車庫に出たり入ったりと忙しげ。

巣作りでもしてるんでしょうか? それにしても あんな小さな体で、ベトナムあたりから日本までとんでくることに脱帽。

昨日は遠くの空で「コ―・コ―」と鳴く声。 きっと最後の白鳥がシベリアへ帰るお別れの「あいさつ」だったかも。

編隊を組んで飛ぶ様は、優雅。 ・・・・・池や田んぼで見る姿はコロコロと太って、どう考えても長距離飛行に向いてる体形でない。 トンビや鷹のようにダイエット後に帰国できないもんだろうかと。・・・・いらぬ心配。

で、子供が前橋に転勤になり、引っ越し手伝いをせにゃーならん。 

糸魚川から前橋だと引っ越し業者は1日で終わらないという。 初日は引き取りだけで、翌日の午後に前橋に配達だという。

んったく トラックを使い、人員も確保し、たいした荷物もない。 ましてフォークリフト・クレーン車などを使う要素もない。 そして時期がら高い料金だ。

引っ越し業者は、ちっとはツバメや白鳥を見習えばいい。 

引っ越し業者に任せられない大変な荷物があるんです。 1歳になったばかりの女の子。3歳になったばかりの男の子。 これは、ただ運ぶだけでなく、常に環視してねばいけない。 すぐ泣くし。

そんな訳で、明日・明後日「ブログ」休みます。058.gif
[PR]

by wagayanao | 2015-03-28 17:30
2015年 03月 27日

トリムの森

3月27日  (金)

トリムの森へ散歩?に行ってきたようです (友達と女房が・・・・)

天気も良く鳥たちも春を待ってたかのように写真撮影に応じてくれたみたい。



b0193252_19392932.jpg

b0193252_19393995.jpg

b0193252_19394891.jpg

b0193252_19395724.jpg

b0193252_1940739.jpg


↑ 小型の野鳥は動きが早く、ピント合わせや望遠合わせがなかなかしてる暇がないけど、結構きれいに撮っていました。

↑の写真を切り取っても結構見れます。 普通ならボケがひどいんですが・・・・↓

b0193252_1943817.jpg

b0193252_19431862.jpg

b0193252_19433028.jpg

b0193252_19434122.jpg

b0193252_19435447.jpg

[PR]

by wagayanao | 2015-03-27 19:44
2015年 03月 26日

前提条件

3月26日  (木)

ネタもこれといってない。 昨日のブログの付けたしです。

アベノミクス第4の矢として、『一夫一婦制』の前提条件です。

★ 一夫一婦制の制度は子供が成人または大学を卒業してから、いつでも解消できる。

★ 子供のできない夫婦は定年で解消できる。

★ 解消するときの財産分けは均等にわけ、子供への財産は無し。

★ 一夫一婦制を解消する前の親の責任として、子供の教育はおろか、子供の責任もすべて親が連帯する。

★ 一夫一婦制を解消した夫婦は子供、互いの妻と夫との関係は一切ないものとする。

まぁ~ こんなところ。

このメリットは、

◆ 熟年離婚のように、しかたなく・我慢し・世間体を考えて行動する夫婦の心理的負担をなくす。

◆ おおむね定年で一夫一婦制を解消することで、互いに第3の人生を選択できる。
   (一夫一婦制を解消しても また同じ相手と結婚しても可)

◆ 解消した夫婦は、金・時間とも自由となり、生活に張りができ、労働意欲が増し、下手な経済対策よりも経済効果は抜群にある。
日本の借金は1000兆円(国・県・市)。赤ちゃんから老人ホーム入居のお年寄りまで含めた一人当たりの借金1000万は、この一夫一婦制の解消で20年程で『チャラ』になるだろう。

で、 デメリットは、

☆ ない。

ただし、この制度はすぐに法案をつくり、可決し、施行しなければ意味がない。 だって団塊の世代をターゲットにした施策だから。

20年後の団塊の世代が、ほぼ消滅しちまってからでは、この制度は手遅れ。

 
△ まぁ~安倍総理は日本を戦争出来る国に作り上げて、アメリカから感謝状をもらいたいようだが、団塊の世代が亡くなってから、やおら考えてもいいのでは。

まだ戦後70年だ。せめて100年たってから、憲法9条を検証すべき。 今は時期尚早。
[PR]

by wagayanao | 2015-03-26 19:19
2015年 03月 25日

第4の矢

3月25日  (水)

痴呆症の初期症状は『物忘れがひどくなる』 ・ 『身だしなみがだらしなくなる』・・・・・・などだそうだ。

物忘れは、ひどくとは言わないが、多くなってる。 特に人の名前や仕事でも使ってる用語など。

身だしなみは、30を境にゆるやかな降下曲線。50を過ぎた頃からは、身だしなみの「だらしなさ」が気にかからないようにまで落ちている。

無精ひげ・洗髪など、風呂に入るたびに“今日はいいや”・・・・・でノビノビになり、鏡をみれば、そこら辺に入る「こじき」と大差ないような姿。

人間 老いて体の機能が退化するのはしょうがない。 医療の進歩は歴然と進んでいるが「痴呆症」の治療に関しては、まだまだのようだ。

ここはひとつ、発想を転換して、一夫一婦制を廃止し、高齢者の恋愛を後押しするような政策をとってみたらどうだろう。

アベノミクス第4の矢として。

一夫一婦制は子供が成人するまでは残し。 成人したなら夫婦は自由に恋愛してもいいという法律。

だいたいの夫婦の子供が成人するころには50歳を超えている。 そこで夫婦の恋愛の自由を認めれば多大なる経済効果が生まれる。

女性は好い人(彼氏)を射止めようと、化粧品を買い・服を新調し、外へ出歩く機会が多くなる。 それだけで相当な経済効果。

男性も同じ。好い女をゲットしようと、さまざまな会に出席したり、そのための軍資金を確保しようと、仕事も一生懸命になる。

日本の巨額赤字の一因である「社会保障」。これは年金・医療が大半だ。 

女性も男性も医者通いしてたんじゃ~好い人には恵まれない。 また大恋愛をすればするほど、病が逃げていく。
結果 健康保険の税金投入がぐっと減る。

年金も60歳から支給されるが、原資が底をついて、これまた税金投入だ。

老人の大恋愛自由化になれば、年金生活者では、相手にされない。 定年を過俄然働いて高収入を得ようとするだろう。

そんな政策ができれば、当方も毎日ヒゲをそり、鼻毛も切り、毎日シャンプーし、床屋も月1回はいくだろう。

服も毎シーズン新調し、車も買い替え、スキー・ゴルフに映画観賞もするかもしれない。

安倍内閣総理大臣に告ぐ・・・・・・。このチャンスは今しかない。 憲法9条を変える。自衛隊を外国で戦争する・・・・・なんて先延ばしでいい。  団塊の世代が御臨終になれば、1000兆円の借金は返せなくなる。

あぁぁ~~ネタがなく「たわごと」でした。
[PR]

by wagayanao | 2015-03-25 21:39
2015年 03月 24日

額田女王

3月24日  (火)

井上 靖薯の『額田女王』を読み終えた。っていうより、後半は斜め読みどころか、飛ばし読みに近かった。

ストーリーは額田さんていう妃が、大海人皇子と恋愛感情はないけれど「H」して子供が授かる。

妃といっても「豪族の娘」にしかすぎないが、美貌の持ち主だったんだろう。 で、その美貌にひかれ大海人皇子が強姦したに違いない。

本来なら「できちゃった婚」でおさまる話だが、大海人皇子の兄である「中大兄皇子」が「おれにも味見させろ」と三角関係となる。 

のちに中大兄皇子は「天智天皇」となり、その後は大海人皇子が次の「天武天皇」となり、天智天皇の娘である「鸕野讃良皇女」を嫁にもらい、その嫁が後の「持統天皇」となった。

主人公の『額田女王』は、天皇レースでは蚊帳の外。 恋愛・不倫物語としては面白くもない小説だった。

ただ、中大兄皇子は大化の改新を演じ、必然的に天皇になるべき人物だったが、遷都やら朝鮮半島の動きが忙しく、天皇の地位は母にゆずり、自分は中臣鎌足とともに、都と筑紫(九州)で対応にあたった。

で、なんだか 天皇の地位を「たらい回し」にしてるようだ。


それよっか、こっちの話の方が興味があった。

当時の朝鮮半島は高句麗・新羅・百済と3国に分かれていた。  高句麗は3国のなかで人工・経済とも大きく、百済は日本とも国史を交わす仲。 
分の悪い新羅は中国(唐)と手を結び、一気に百済を攻め落とす。 たびたび百済から日本へ援軍の要請があるが、準備をしてる暇もないほどに百済の国・王族は滅びてしまった。 高句麗からも国史がくるが、二股をかけているようで、中大兄皇子は相手にしなかった。

たまたま というか百済の王族が滅ぼされたが、一人だけ大和朝廷に保護されていた。

中大兄皇子はその皇子を百済に送り、百済再興と皇子の護衛軍のほかに軍隊を筑紫から朝鮮に派兵した。

結局 歴史にも残っている『白村江の戦い』で日本・百済連合軍は唐・新羅連合軍に惨敗。

タラレバであるが、この「白村江の戦い」が百済滅亡の前であれば、朝鮮半島の歴史も変わっていたかもしれない。

で、こういう面白い場面は、この本では「ほんのチョット」しか記述はない。 


△ 女房が2カ月近くかけたパッチワークの力作です。 ↓
b0193252_20535125.jpg


裏側です。 ↓
b0193252_20542929.jpg


模様の拡大です。 ↓
b0193252_2055925.jpg

b0193252_20552399.jpg


で、これは単なる趣味のパッチワークでなく目的があったんです。なんでしょうか?



b0193252_2057848.jpg


正解は『おくるみ』でした。 038.gif
[PR]

by wagayanao | 2015-03-24 20:58
2015年 03月 23日

たらい回し

3月23日  (月)

もう3年以上?前の話だが、“もらいもんだけど・・・・・・”と包装紙に包まれた箱?をもらったことがある。

開けて見れば、賞味期限1年過ぎた食品だった。

こりゃ~ヒドイと思うと同時に、我が家でstopでよかった。・・・・って感じ。

 昔は盆・暮れ時期になると「たらい回し」が出回った。 今はもうこんな「たらい回し」って風習はすくなくなっただろう。 なんてったって「バレタラ」まずいから。

「バレタラ」まずい事も、互いの利益となれば、「バレナイ」ように堂々と企業間でやったいたのが「キャッチボール」

昔の建設業者のランク付けは「売上高」を重視していた。売上が多ければ「Aランク」というように、ランクによって入札の条件が決まっていた。 30・40年前のAランクは売上高10億円が目安だっただろう。
今はなくなっている

A社がB社に1000万の仕事を発注。 B社がC社に内容を変え1000万円で発注。 C社はA社に1000万円で発注・・・・と。 どの形態も税務申告となる正式な注文書で取引している。

結果 A社は、なにも仕事をしていないのに、1000万の売り上げが増えるって勘定。 またバレテモいいように多少の仕事もしてるのも事実。 その分は各社とも赤字になるが、AランクからBランクに落ちるよりも良かったんでしょう。

ランク付けの評価の方法が変わり、売上高は参考程度になったので今は「キャッチボール」することもないだろう。

「マネーロンダリング」もその「キャッチボール」の友達ってとこかも?

ああああ~ 我が家にも「お中元の賞味期限のすぎたたらい回し」でな「マネーロンダリング」でも、「「キャッチボール」でもいいが手数料の0.1%でももらえれば・・・・・・・・

なぁ~んってね。
[PR]

by wagayanao | 2015-03-23 21:19
2015年 03月 22日

春ちかし

3月22日  (日)

昨日のブログでの訪問者は「193」ありました。 アクセス数は「40」程なので、なんかの間違いなんだろう。

我が家も『春ちかし』って感じ。・・・・・・です。

花の咲いてる写真です。 ↓

b0193252_16462495.jpg

b0193252_16465538.jpg

b0193252_16471529.jpg

b0193252_16474521.jpg

b0193252_1648349.jpg

b0193252_1649387.jpg

b0193252_16492983.jpg

b0193252_1649502.jpg


♪ も~じき~は~~るですねーえ~~♪の写真です。 ↓

b0193252_1651237.jpg

b0193252_16514368.jpg

b0193252_16515997.jpg

b0193252_16521755.jpg

b0193252_16523568.jpg

b0193252_16525218.jpg

b0193252_16532222.jpg

b0193252_16533947.jpg

b0193252_16535749.jpg


番外編です。 冬を乗り切ったツワモノ です。 ↓

b0193252_16551967.jpg

b0193252_16554566.jpg

b0193252_16564191.jpg

↑のテントウムシは死んでるかと思ったが、気温が高くなり、元気よく蜂のまわりをグルグル・・・と。

残念ながら、冬を乗り切れなかった弱者 ↓

b0193252_16592434.jpg


アイフォンに接写レンズを付けて撮影してみました ↓

b0193252_1703150.jpg

b0193252_1704437.jpg


この写真だけで「花の名前」がわかる人は加茂農林園芸課?先生クラスかも?
[PR]

by wagayanao | 2015-03-22 17:02
2015年 03月 21日

山一重

3月21日  (土)

紙一重という言葉がある。 違いは大差ないって意味だが、紙1枚で大きな違いってこともある。

板門店とベルリンの壁のあっち側とコッチ側は天地がひっくりかえるような違い。

今日はわずかな違いでの光景です。

昨日、笠堀ダムへ仕事にいってきた。 ↓

b0193252_17104821.jpg


笠堀ダムと大谷ダムは「山」一つの違いだけ。 こっち側に降った雨は笠堀ダムへ。 アッチ側に降った雨は大谷ダムへ貯まる。

笠堀ダムの通常放流です。↓
b0193252_1714306.jpg

昨日はこの水路の真下での仕事。 こうやって見るとなんかゾットします。

ダムの中(下)に水力発電のタービンがあります↓
b0193252_17205458.jpg



通路を180度向きを変えるとこんな感じ ↓
b0193252_17155018.jpg


話は180度どころか1800度も違うが、このブログの訪問者が異常だ。 普段は多くて20人程の閲覧者。

今日に限って、今現在140人以上。 

なんだか近日中に「たたり」 「吉兆」がある前触れか?
[PR]

by wagayanao | 2015-03-21 17:22
2015年 03月 20日

カメラ

3月20日  (金)

写真撮影の基本は、カメラをしっかりと固定すること、って概念があり、実際その通りにしないと、ブレタ写真になる。

デジカメなど「手ぶれ防止」機能があり、手軽にバシャ・バシャと撮れば、はっきり・くっきりって写真が多い。

また、「半押し」状態で簡単にピントが合い、素人でも扱いやすい。

静止画(人物・風景)だけなら、デジカメの性能は大した変りはないが、スポーツシーンや暗い場所・逆光など条件が悪くなると、腕よりもカメラの性能に頼ることになる。

最近、携帯からスマホに替えた。 このカメラは「半押し」っていう機能はない、 スイッチを押すだけ。

あんな薄っぺらで持つ場所もないようなスマホをしっかりと固定なんか出来っこない。 ましてスイッチを押せば、グラッとスマホが動く。

スマホのそれが嫌いだったが、イザ使ってみると、ただスイッチを押すだけの中に、素人にとってスゴイ機能があったんですね。

高級カメラのオートフォーカス機能。 カメラを構えただけで自動で瞬時にピントを合わせてくれるんですね。

ポンとスイッチを押せば1枚の写真。 押し続ければ連続写真が簡単に撮れる。

シオカラトンボなど、飛んでる写真(空中写真)なんて、オレの腕とカメラでは無理と諦めていたが、このスマホで撮れそうだ。

携帯電話の出始めの価格は5・6万。 それが普及し3万円台に。さらに普及し、1円携帯・0円携帯になったのは10年前。

携帯電話のカメラ付のカメラ機能は駄目だった。 それがカメラの携帯付。

カメラの携帯付でトンボを撮る楽しみがでてきた。 カメラ小僧ならぬカメラ爺になりそうだ。
[PR]

by wagayanao | 2015-03-20 21:33