我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 31日

最後までバタバタ

12月31日  (金)

昨日は名門 「若宮中学校」の旧3年2組のミニ同級会。

仕事先からまっすぐに会場に向かったので昨日のブログは無断欠席でした。 

すみません。  040.gif

東北地方の蝦夷(エミシ)が大和朝延に侵略され、朝延側は侵略者のイメージを後世に残さないよう、エミシを九州方面に移したことが、方言から推測された。

以下我が家流の途方もない解釈で、今年を締めくくります。

方言は上方(京都・大阪)から地方に伝播していく。
b0193252_177646.jpg

キタナイ字でスミマセン。 字は性格を表すというけど 本当のようである。 
なにしろ「ズボラ」な性格なもんで。

ズ―ズ―弁といえば東北地方の代名詞で新潟県の北側もズ―ズ―弁である。新発田の人の会話は通訳が必要である。(同じ新潟県人でありながら)
ところがそのズ―ズ―弁も島根県の出雲地方や九州雲仙のふもと島原市にも似たような発音のしかたをする。
ズ―ズ―弁の〇〇は東京だったら、「に」とか「へ」とか言うところだ。
島原にも「サン」がある。明らかに東北の「サ」と同じ語源だ。

これが中間地域にはなくて、東北と九州にあるわけだ。

これらは 柴田 武(しばたたけし)の「ことばのふるさと見ぃつけた」に書いてある。
b0193252_17251964.jpg


方言は中央から地方に伝播(徘徊?)していく事を柳田国男の≪方言周圏論≫でカタツムリの事例で証明している。
ところが あの有名なズ―ズ―弁が山陰や九州にも使われていることを、柳田国男はどう説明するのだろう?

やはり 

「エミシ」の有力者を遠くの地方に移し、侵略者のレッテルを嫌っての処置としか考えられない。

天皇のお墓(古墳)を掘り起こせば判るかも知れない。 宮内庁はもうすでに知ってるから、その許可を下さないのだろう。

読者の皆様 今年一年愛読下されまして ありがとうございました。

来年も皆様 よき年でありますように。 040.gif
[PR]

by wagayanao | 2010-12-31 17:39


<< あけましておめでとう      バタバタの忘年会 >>