我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 08日

歴史上の美女

1月8日 (土)

歴史上の美女といえば、クレオパトラ・楊貴妃・小野小町など世界の三大美人と呼ばれるが、男性の好みもあるだろうし、2000年生きてその人を知ってる爺さんもいない。
まして DVDや写真もない。 
断片的な資料をもとに世界の歴史家(男)が、この女が一番と得票数に応じて 世界の三大美人が決まったんだろう。

美人というからに、容姿が整って ある程度の教養と家柄が必要だろう。 ちょっと前の現代では、吉永小百合クラスかな? 
すぐ前はノリピーだったけど、化けの皮が剥がれてしまった。

歴史上の美女と規定するからに、容姿はもちろんだが、どんな生涯を過ごしたかで美女が決まる。

我が家のNo,1は篤姫
薩摩から徳川に嫁に行き、里帰りもせず徳川家の救済のみならず、江戸を戦火から救った。
大河ドラマが終わったばっかりなので、印象が一番深いのもNO,1の理由かな?

NO,2は お市の方
信長の妹 お市の方は最初の夫 浅井長政の死と落城。信長の暗殺。再婚した柴田勝家とともに落城による最期。
これだけみれば不幸の続く生涯のようだが、その時、その時で立派な行動をとってる。
再婚は政略結婚だが当時の武家の女としては、どうしようもない。
子供は二男三女をもうけたが、長女が「お茶茶」 (のちの淀殿)二女が「お初」三女が「お江」で、「お江」は今年の大河ドラマである。
お市の方は、秀吉に攻められ娘たちを落ち延びさせてから、勝家とともに生涯を終えた。
大河ドラマがこれから始まるので、NO,2かな?

歴史上の三大美人はよく聞くけど、歴史上の三大殿君は聞いた事がない。 

これだけ民主主義が世界中に広まり、男女同権になった今でも女性は男にとって好色な目にしか見えないのか?  女性の口から歴史上の三大殿君を発することができれば、男女同権が初めて男女同等になる。

今日のTVの歴史ヒストリー(あっためかえし)で 江と姉妹 を放送していた。
浅井長政の 「あさい」 を 「あい」と呼んでいた。

もうひとつ NHKの「歴史が動いた」の松平定知アナウンサーは徳川の子孫らしいが、ふつうは「つ」に力点をおくが、松平定知さんの場合、「まつ」にに力を入れるそうだ。
呼び方ひとつで地方に歴史がある。 ということかな?
[PR]

by wagayanao | 2011-01-08 21:54


<< ひょっとして 今は?      地名と歴史 その2 >>