我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 14日

センター試験

1月14日  (金)

明日・明後日とセンター試験。 毎年この頃の天候は大荒れ。
去年だったか、富山?へ試験に行く子が列車にのれず ヒッチハイクで試験会場に行った受験生が報道された。 助けてくれた人は運送業のようだった。

政治・経済に希望を持てない中、こんな出来事があると まだ日本は捨てたもんじゃない・・・と思える。

タイガーマスク運動?も全国に広がり、新潟県も何年か前から善良な送り主が現れている。

新聞から抜粋です

今年「平成の大塩平八郎」から
小千谷の片貝小に6万円、片貝中に4万円封書で届いた。
大塩平八郎は江戸時代の陽明学者で、幕府の腐敗に反旗を翻して乱を起こした。

「長尾虎千代」名で上越市に現金3万1千円。
虎千代は上杉謙信の幼名。

タイガーマスク二世の主人公「亜久竜夫」(あくたつお)から新潟市の児童養護施設の「新潟天使園」に現金4万円。

60代半ばの男性から「新潟天使園」あてに3万500円を預けていく。  男性は地域の特産にちなんだ「茶豆老人」と名乗ったという。

「新潟の伊達直人」を名乗る人から柏崎署を通じて柏崎教育委員会は現金10万円を受け取った。
この伊達直人さんの善意は、市内の一人暮らしの高齢者の郵便受けに封筒に入っており、手紙には「子供たちには、真っすぐに生きていれば必ず周りが応援してくれると伝えて」と書いてあったそうだ。

今日は内閣改造のニュース一色のようだが、与党も野党も足の引っ張り合いで忙しいだろうけど、たまに「与党」「野党」みんなで頭を冷やしながら、伊達直人を考えてみるのも、一計かも?
心が穏やかにになり、良い政治ができるんじゃない? 037.gif
[PR]

by wagayanao | 2011-01-14 20:08


<< 思いとどまったが・・・・      うーーーん・・・・・・ネタ::... >>