我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 06日

世界に誇れる日本人(イイカゲンバージョン)

9月6日  (火)

東北大震災での日本人の行動は世界中から、驚きと称賛の声。

どうして、日本人はこういった行動をとれたのか、考えさせられる。

前のブログにも少しふれたが、「八百万の神」(やおろづのかみ)も関係してるかも知れない。

日本人は仏教伝来の前から、数知れない「神様」がいたようだ。 縄文時代以前の日本から神様が全国至る所に現れた。

天照大神(アマテラスオオミノカミ)なんて、夫婦喧嘩の神様だ。

洞窟の中に隠れた、奥様(アマテラス)の機嫌をとるためにスサノオ(夫)が、岩の入り口前で大勢で宴会をした。 これは現代でも通用する手口だ。

七福神 この7人の神様は、恵比寿・大黒点・毘沙門天・弁才天・福禄寿・寿老人・布袋様といい、まことに都合のいい神様だ。
恵比寿様は商売繁盛で今でも大事に崇められている。 
毘沙門天は、古くは上杉謙信が戦場へ出る前に 拝んでいる。また、謙信のトレードマークにもなっている。 現在は新潟県警機動隊のトレードマークとして使用だ。

道祖神  これは地方・地方で色んな形で祀られている。 以前のブログに写真入りで紹介もしたが、栃尾市教育委員会も認める、「巨根のおちんちん」の神様もいる。

古来、日本人はこういった都合のいい神様を信仰し、神様ではまだ不足なのか、仏教・キリスト教など、どんどんと心の糧を吸収していったのが、日本人であり、そういった日本人の心が大惨事の事態でも、世界が驚くほどの行動をとれたのだろう?

八百万の神(ヤオロズノカミ)とは良くいったもんだ。 日本人の背中に八百万(8,000,000)の神様プラス仏様・キリスト様などが味方してくれている。

その8,000,000万の神様のうち、ありがたくない神様をしってますか。???

20年前から全国の企業・家庭で大きな顔をしてる神様です。

そう。 貧乏神です。

b0193252_2117163.jpg

b0193252_21183084.jpg

b0193252_2119825.jpg

b0193252_21194392.jpg

b0193252_21202364.jpg

b0193252_21205237.jpg


東北地方の昔ばなしです。 貧乏な夫婦の家に福の神が来ると言う。
それを聞いた貧乏神は「もう、この家にいられない・・・と」シクシク泣きながら夫婦に話したそうだ。
夫婦は貧乏神が可哀想になり、福の神が来ると、夫婦は貧乏神と一緒になって、福の神を追い返した話です。

それからは、この夫婦は金持ちにはならんかったが、けっこう、しあわせに暮らしたそうな・・・・。


ところで、先週、花火祭りの終わった「アオミ神社」の神様を知ってますか?

何と 階段の途中の左側の建物の神様・ 右側の神様・階段の登りきった正面の建物の神様と3人もおられるそうじゃ。

詳しくは、同級会で「UKO」チャンに聞いてみて。 030.gif
[PR]

by wagayanao | 2011-09-06 21:37


<< 巨金      99% >>