我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 14日

月とスッポン

10月14日  (金)

英語は良くわからないが、短編の文をコラムと解釈している。その執筆者をコラムニストと呼ぶらしい。

そうすると、このブログはコラムであり、執筆者のオレはコラムニストと云うことになる。

なんか偉くなったような気がしてきた。

朝日新聞の「天声人語」もコラムであり、コラムニストは何人かいて毎日手分けして原稿を書いてるようだ。
その人達は早稲田文学部卒の優秀な人なんだろう。オレみたいな地元の工業高校卒とは「月とスッポン」だ。

昨日の「天声人語」を読んで、【なぁんだ。オレとたいしてかわりはしねぇ~。】だった。

昨日の「天声人語」は、

207年前に世界に先駆けて、華岡青洲が全身麻酔に成功し・・・に始まり、IPSの山中京大教授へ移り、フランス人の文学者と話が変わっていく。
結局 最後は【時には思わぬ所へとコラムの結末は飛んでいく。】で締めていた。

【なぁんだ。オレの訳のわからんブログとかわりはしねぇ~。】だった。


ところで指令系統を持つ細胞(ゲノム)を研究している三条工業卒で水道屋のオレが、万能細胞を作った山中京大教授に先を越されてしまった。

もっとも向こうは160人のスタッフがいて、専用の最先端の設備で研究してるから かなうはずがない。

天声人語も執筆者は交代で原稿を書き、校正も何人かのスタッフでチェックしてるだろう。

かたやこっちは、晩酌後の「ほろ酔い」加減でネタに悩みながら毎日の投稿だ。
[PR]

by wagayanao | 2011-10-14 18:41


<< 領土問題      切り抜き >>