我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 17日

1日 10ページ

11月17日  (木)

昨晩から寝る前に「ブータンに魅せられて」を読み始めた。

いつもの事だが、フトンの中で読む本はせいぜい4~5ページくらいしか読めない。

それでも、昨晩は10ページ近く読めた。


オレも女房も寝つきはすこぶるいい。

一緒にフトンに潜って、その4~5ページを読んでる数分間に「グー・グー」と女房はイビキをかいて寝てしまう。

今 来日してる第5代ブータン国王の父親が第4代国王である。第4代国王は1972年から2006年まで34年間ブータン治世したそうだが、フセイン・金チャン親子・カダフィー大佐のような暴君ではなかったようだ。

王位を息子に譲る(ブータンでの国会での発言?)時の言葉は感心させられた。

紹介します。


この34年間の私の治世の間に、我が国が成し遂げた進歩を鑑みるに、そのすべてはブータン国民の徳により達成されたものであると認識する。それ故に、仏教界、政府、実業界、軍、そして全国20県のすべての国民に、わたしおよび国に対する常に変わらぬ忠誠に感謝したい。 以下 略。


とかく長期政権の座につくと、権力を一人占めにするような悪政になるのが、この世の常。

小国といえば それまでだが、隣は超大国インド、中国だけに治政の秘訣は何かあるかもしれない。

仏教かな?
[PR]

by wagayanao | 2011-11-17 20:32


<< はて? どこの国だっけ?      国民総幸福感 >>