我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 19日

区切り

12月19日  (月)

人生や社会においては、「区切り」はかなり重要な意味を持つ。

今年も、残り2週間を切った。 これも区切りだろう。

3・11も被災者には申し訳ないが、人生を左右した区切りだった。

福島原発事故も冷温停止は一つの区切り。

我が家も12月9日は初孫誕生であり、ジジ・ババになった日である。 これもオレの人生の区切りだ。

そんな事を考えていると、12月31日の大晦日は 家の掃除をしたり、来年のお供えを飾ったりすることは、全然 意味のない 区切りのようだ。

ただ 商業主義に踊らせられてる ッて感じ。

2・3日前の新聞に この人はどうしたんだ???? という写真入りの記事が載っていた。

b0193252_19185415.jpg


金正日総書記に動静を伝える時のこの人の表情は天下一品。 記事を読みながら「そういえば、この女性 TVに出なくなった」 と 思っていたら、 今日 出てきました。

ほんとに 悲しそうにTVに出てました。

北朝鮮も今日が 大きな「区切り」。

まだ 社会主義国もこれで転換期になるかも知れない。

中国の家族構成は「4・2・1」。

一人の子供に両親、祖父母という構造だ。 「1」の一人っ子政策の始まった頃に生まれた世代は30代前半と新聞記事に載っていた。 

日本は少子化高齢化社会で苦しんでいるが、中国は日本のような年金制度は無いだろうけど、社会主義国である。 国家が高齢者を面倒みなければならないはず。

世界経済のけん引役の中国も、それの「足」を引っ張る時代も早くにやってきそうだ。

リーマンショックやギリシャ国債など、一つの事件で世界経済が大混乱する。 こんな「区切り」は無くすことが出来んでしょうかね?。
[PR]

by wagayanao | 2011-12-19 19:37


<< 坂の上の雲      ????だった 日曜日 >>