我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 07日

犯罪だらけ

7月7日  (土)

今日は七夕様。 まんが日本昔話を読んでみました。
昔話というより 日本犯罪物語だった。  以下 原文です。
b0193252_15393058.jpg

b0193252_15395076.jpg

b0193252_15402060.jpg

b0193252_1541243.jpg

b0193252_1541283.jpg

b0193252_1542105.jpg

b0193252_15424839.jpg

b0193252_15431166.jpg

b0193252_1543284.jpg

b0193252_15434712.jpg

b0193252_15441514.jpg

b0193252_15443377.jpg

b0193252_15445434.jpg

b0193252_15454514.jpg

b0193252_15452228.jpg

b0193252_15461824.jpg

b0193252_15465128.jpg

b0193252_15471872.jpg

いつの頃できた昔話か知らんが、現代の犯罪と何ら変わることはない。

4・5ページ です。
若い美女が川で素っ裸で水遊びをしていたという。 あろうことかパンティーやブラジャーを木に引っかけて遊んでいた。
これだけでもオナゴの立派な犯罪だ。何年か前スマップの四角い顔をした男が素っ裸で路上で寝ていた。 それよりもひどい犯罪だ。ワイセツ物チンレツ罪だ。

その下着を見つけた男は盗んで隠した。 これは立派な犯罪 下着ドロボー。 
そしてオナゴがそれを返してほしいと哀願しても、返すどころか、オレの嫁になれと脅かす。
コレも立派な犯罪 恐喝罪。

若い男は自分の家にオナゴをかくまい、逃げれないよう下着は隠して逃亡できないようにして暮らしていた。これは監禁罪。
 
ある日偶然にオナゴは下着を見つけ見事に男から逃亡に成功。

しかし、オナゴも男も合体を繰り返すうちに情が通じ合うようになり、再び会いたくなる。

8・9ページ です。

オナゴは私に会いたければ1000足のワラジを編めという。コレも強要罪という罪。

若い男は999足を編み、1足足りずに納品した。これは民法で契約不履行だ。

12ページから です。

若い男はオナゴのパパに結婚の許しを願うと、パパはこんどはイジメだ。

3日で畑に種をまけという。

若い男はその通り実行すれば、

畑じゃない。田んぼにまけといったんじゃ。

がっかりした若い男は、そんなのやってられるかと思い、外注業者(ハト)を雇って仕事をしてもらった。

それも外注業者(ハト)には物語には書いてないが、たぶん無報酬だったろう。

今 問題になっている下請け業者に無理な値引きを強要してることと同じだ。

それでもパパは若い男をイジメ続ける。 こんどは炎天下の畑に見張り番をしなさいと、命じる。

それも水を飲んではいけないと。

パパはイジメを通りこして若い男を虐待だ。

昔ばなしの結論 

若い男もオナゴも一緒になりたいのは、わかるが、何ら反省はしていない。そんでもってパパは結婚を許しては いまだにいない。

自分の娘でもあり、不憫と思ったのか7月7日だけはパパは二人が会う事を許したそうだ。

今の世なら、完全に時効だ。
[PR]

by wagayanao | 2012-07-07 16:58


<< 生きる力      虚栄心 >>