我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 12日

お経

9月12日  (水)

お経(経典)には3つのジャンルがあるという。 それを細かく分ければ「八万4千の法門」があるという。

その膨大な経典はその内容から経・律・論の3つに分類されるそうだ。

でその説明です。

・・・・・「法華経」・「阿弥陀経」などの経典がこれにあたるそうだ。葬儀のおりには必ず聞いています。

・・・・・仏教の教団の規律や仏教徒が守らなければならない規則。たとえば殺生をしてはいけないとかウソをつてはいけないとか、お酒を飲んではいけない・・・・・などの規則の集成だそうだ。

・・・・・経や論にたいする注釈書。また後世の学僧が独自の理論を展開した思想書だそうだ。

ちなみに西遊記の登場する「三蔵法師」はこの経蔵・律蔵・論蔵をすべて読破して仏教に精通した僧侶のことを三蔵法師と呼んでいる。
西遊記の三蔵法師は7世紀頃の僧侶でありこの前後には、100人以上はいたそうだ。

曹洞宗の開祖「道元」様も中国で修行され悟りを開いて日本に帰って来て、曹洞宗を広めた訳だから、三蔵法師ともいえる。

近年では、たとえが悪いかもしれないが、「オーム真理教」・「立正佼成会」・「創価学会」の開祖も三蔵法師ともいえる。

お経で「般若心経」は昔 解説本を買ったことがあるが、我が家のどこかにまだあるはず。
そもそも「般若心経」は2500年前のお釈迦様(釈尊)の教えを後世の弟子が仏典にまとめたものであり、インドで生まれ育ったお釈迦様は当然インド語だ。 それが中国で漢字になり日本に伝わっている。
当然 日本でお経として読まれる「般若心経」の漢字だけでは意味はわからない。
インド語・中国語と変換され、アメリカを亜米利加と書くように、なんとなく意味が通じる程度。

般若心経の最後のほうに出てくるギャーテイ・ギャーテイ・ハラーギャテーイーの「ぎゃーてー」は一種の呪文であって、毒蛇に噛まれたときや、災難あったときなどに唱えられたという。

日本語で騒がしいことを「ギャー・ギャー」というがここから生まれたかもしれない。(想像です)

49日に定光寺から写経をするため こんな小冊子をもらってきました。
b0193252_21133336.jpg

b0193252_21135430.jpg


大津のいじめ問題などを考えるときに、幼少の頃から上記の三蔵のうちの「律」を教える時期になってるかもしれない。
教師や教育委員会だけを「ヤリダマ」に上げれば解決できる問題でもないし、宗派を問わず「仏教界」が先陣をきってもらいたいもんだ。
[PR]

by wagayanao | 2012-09-12 21:22


<< 保護      喪中あけ >>