我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 21日

目うろこ

1月21日  (月)

タイトルの『目うろこ』 ってなんだと中高年は思うだろう。 若者は察しが付くんではなかろうか。

『目からうろこ』を短縮言葉にしただけにすぎません。 
どうもそういった 短縮言葉についていけない。 イクメン ってなんだ???と人に聞かねばならんかった。

年賀状メールは「アケオメ」 ・ 「ことよろ」に略されるそうだ。 アケオメはすぐにピンとくるが、「ことよろ」って????ってことになる。 中高年は。

日本で生活している外国人は日本の言葉やことわざに魅力を感じるそうだ。 『喧嘩両成敗』 ・ 『禍転じて福となす』 など一例です。

若者でなく、外国語を短縮して使う言葉も多い。 『リストラ』 を例にすれば、

本来日本語では「雇用削減」である。 品のない言葉では、「首切り」 である。 カタカナ語を使うことで、何かをごまかすんですね。 景気が悪くなり 大手企業は「首切り」をせざるを得ない。 かといってそんな表現では企業イメージが低下してしまう。 政治家と一緒にマスコミも含め 企業イメージを損なうことなく、『リストラ』という言葉が一気に全国に広まった。 

ここで問題です。(国語かな?・歴史かな?)

時間・社会・現実・科学・物理学・可能性・現象・彼女・喜劇・景観・感覚・美学・美術・会社・心理学・哲学・元素・番号・引力・客観・概念・肯定・機能・進化・理性・理想・象徴・直感・本能・主観・定義・遺伝

さて この言葉ですべて共通するものは何でしょう?????

ヒント 前のブログにも書いた「国際社会」もこの仲間です。

正解は この言葉は幕末・明治期の日本人が欧米各国の言語から翻訳して作った日本語なんです。

えッー 知ってから目からうろこでした。
[PR]

by wagayanao | 2013-01-21 20:10


<< 言葉      遅覚早忘 >>