我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 05日

日本民族と覗き

3月5日  (火)

ポツポツとニュースで教師やら国家公務員やらが携帯でスカートの下から盗撮なんてある。

ようは覗き趣味。 三条に引っ越してきたばっかりの頃 風呂の外から覗きをしているなんて噂が町内にあった。

ただ それが ばれにくいように携帯を使う時代になったんでしょうか?

いつの時代でもあったようだ。 大河ドラマの「八重の桜」にもうじき出てくるだろうが、長州の司令官になる「村田蔵六」がいる。

チトややこしくなるがシーボルト事件で有名なシーボルトの娘と10年振りで旅館で再開した。

予約は5日間だ。 青い眼の娘と蔵六は、夜な夜な 「H」するだろうと旅館の主人は毎晩覗きをしていたそうだが、堅物の蔵六は医学の話ばっかり。
青い眼の娘(イネ)は蔵六を恋してるようで、色気作戦を駆使したようだが 見事にはずれたそうだ。

がっかりなのはイネもそうだが、旅館の主人もそうだ。 5日も一緒の部屋にいて【何をしてやがるんだ、あおの両人は】・・・・と。

この時代以降西洋人が日本に来るようになると(鎖国解禁)、春画や混浴などをみて 日本人は好色な民族と思ったらしい。

そもそも春画は他人の行為を見る・見せるという手段であり、覗きと変わりはしない。

で、こんな事を司馬遼太郎の「花神」に書いてあった。
b0193252_1738710.jpg

官能小説と違って 歴史小説なので、表現も知的?です。 
・・・・・・おれにはつまらないけども。

吉田松陰は 生涯不犯(ふぼん)のままにおわった。 とある。 童貞って書けばわかりやすいのに。

▼ トンチのきく一休さんの晩年も書いてある。
b0193252_17444585.jpg

赤枠のなかに 今度は女犯(にょぼん)とある。 これじゃー 本を読んでても すぐに眠くなる。

▼ そもそも日本民族は知的水準が先進国である欧米よりも高かった。 ゆえに 好色が「覗き」という趣味に発展したんだろうか>

覗き」って漢字は 司る(つかさどる)人が見る って書くんですね。 読めるけど書けんかった。
知的水準は低いようです。オレは。





 
[PR]

by wagayanao | 2013-03-05 18:02


<< 聖職者      無 >>