我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 02日

治外法権とお寺

4月2日  (火)

最近 治外法権を利用した犯罪の匂いがする。

悪い事ばかりでなく、人道上やむおえない場合もある。 北朝鮮の脱北者が韓国の日本大使館のフェンスをよじ登れば、いかに現行犯でも韓国警察は内部に立ち入れない。

それを逆手に利用した手口は前前からあった。

江戸時代 各藩の藩邸が江戸にあり いくら徳川の名前を出しても容易には入れない。

徳川の権威が落ちた 幕末になればなおさら。 

藩邸どころか その藩の出入りする居酒屋?も治外法権の体をなしていた。

池田屋事件の池田屋は長州藩士出入りの居酒屋。 そこへ新選組が押し入ったが、1年前ならそれすら出来なかっただろう。

寺田屋事件で坂本竜馬は深手を負ったが、薩摩藩邸に逃げ込み無事保護された。

また薩摩は志士が大勢で藩邸が足りないということで、お寺などを借り受けて用を足していた。

上級志士は藩邸。下級志士はお寺のようだった。 

京都西陣の浄福寺はその下級志士の溜まり場だった。 志士とは名ばかりに「天誅」を下すといって人を斬るだけの乱暴者もその浄福寺にいれば、いかに新選組でも手をだせない。

▼ 最近 某国の大使館員名義でマンションを借り受け、バカラ賭博をしていたようだ。 日本の警察も簡単には捜索は出来なかった。

▼ 朝鮮総連本部も治外法権扱いだったが、税金を納めないため、日本国に没収。 先だって競売が行われ45億円で最福寺が落札した。

どうも これも治外法権を利用しようと、最福寺と北朝鮮の話合いが出来てるように感じる。

北朝鮮は45億円も補償しなくとも「アントニオ猪木」に大使館員として雇えば平穏に済むと思うが。・・・・049.gif

まッ 日本に「寺銭」」って言葉があるように、昔から博打は「お寺」でやってれば、岡っ引きも 遠慮していたから。 ね。
[PR]

by wagayanao | 2013-04-02 20:08


<< 不安      一喜一憂 >>