我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 15日

応援賞

7月15日  (月)

昨日は県央工VS長岡農。 今日は三条東VS十日町 と 三条高校VS長岡大手を観に行ってきた。

2日間で写真は1000枚程になった。 これまた便利な世の中になったもんだ。

一昔前は 枚数が多いときは36枚撮りのフィルムを二つ・三つほど用意しなければならない。 それを気にせず バシャ・バシャと撮影可能な時代だ。

県央工VS長岡農の試合です。


b0193252_20044100.jpg

7回を終わって同点だが試合の流れからは明らかに 長岡農に勢いがある。
県央工は打球がランナーと交差したり、不用意な?エラーで主導権を長岡大手に渡す。

長岡農は得点圏にランナーを進めれば確実に点をとる。

8回の表 県央工にビッグチャンス。

b0193252_2052126.jpg

ワンアウト?で満塁のチャンス。

三遊間を抜けるタイムリー

b0193252_2062875.jpg


尚も 満塁のチャンスなんだが

b0193252_2073649.jpg

もう50cm先へ転がせばスクイズ成功だったが・・・・
このチャンスをつぶしてしまった。

9回の裏 県央工 簡単にツーアウトをとるも・・・・

b0193252_20103471.jpg


ここから 長岡農も粘る。

b0193252_20123717.jpg

よー覚えていないが、ワンヒットで盗塁。 1塁が空いてるので県央工のバッテリーはボール球で勝負のようだった。 
長岡農のバッターは選んで サヨナラランナーとして出塁。

で、 県央工は踏ん張った。

b0193252_2015349.jpg

三振に打ち取り ゲームセット。

この勝利の校歌を5回歌えれば 間違いなく甲子園なんだが、初戦から苦戦では無理かなぁ~~。

b0193252_20455194.jpg



▼ 試合の勝ち・負けは別としても「応援賞」なるものがあれば、誰が見ても聞いても長岡農。

↓ 長岡農の応援団
b0193252_20215122.jpg

正規の応援団はタイコを含め4人。 ユニホームもバラバラ。 小学生もいる。

↓ 方や試合慣れした県央工の応援団
b0193252_20242152.jpg

組織だって応援練習も充分してるようだが・・・・・

県央工は男の太い声で「オォー」とタイコしか記憶に残っていない。

かたや 長岡農は甲高い黄色い声で小学生の女の子のような声。

それが球場に映えるんです。 

レパートリーもAKBのアイタカッター・アイタカッター と 近藤まさひこ?のギンギラ ギン ニ サリゲナクー
だけ なんだが、少人数と一生懸命さに観客にアピール度は満点だ。

なんだか オレもジーンとくるものがあった。

▼ 何回か新潟大会を観て 日本文理の応援が一番だと思っていた。

映画の「レッドクリフ」の赤壁の戦いで、 曹操が大軍団で劉備。ソンケン連合軍を丸呑みにするような勢いを 思い起こすような応援だった(日本文理は)

歴史にたとえるなら 長岡農の応援団 (団とはいえないかも)は関ヶ原の戦いに二手にわかれていく、徳川軍団を少人数で撃退・阻止した、真田昌幸のようだった。
[PR]

by wagayanao | 2013-07-15 20:46


<< 夏      まぬけなサギ >>