我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 17日

バラエティー

7月17日  (水)

ネタもないので我が家の1・2週間ほどの画像を載せます。

花シリーズ

b0193252_1956343.jpg


b0193252_1956546.jpg


b0193252_1957969.jpg


b0193252_19572394.jpg


b0193252_1957595.jpg


b0193252_19581434.jpg


蕾(つぼみ)の万両

b0193252_200815.jpg


モスラシリーズ

b0193252_2011221.jpg


b0193252_20111695.jpg


b0193252_20114113.jpg


番外編

b0193252_20123741.jpg


で、講評です。

花はきれいに越したことはないが、植物自体が人間に媚を買おうときれいに咲いている訳でない。

子孫繁栄のために各々工夫をしている。 万両の花は咲いたかのかもわからん程 地味。 代わりに実は晩秋になれば真っ赤の実をたくさんつける。
鳥の食べてもらって、種はフンと一緒に遠くへ播いてもらう作戦だ。肥料付きで。

サボテンの花は夜咲く花が多い。 原産地はメキシコなど乾燥地帯が多いが昼に咲くと鳥に喰われるそうだ。

夜咲くと コウモリが蜜を吸いにやってくるそうです。

アゲハの幼虫の本物の手足は6本だが、枝につかまりやすいよう腹を進化させ、ムカデのように器用に移動できる。 腹の足も吸盤のようでかなり力は強い。

最後の画像はナメクジを撮ったつもりだったが、隣に「ガ」が写っている。 全然気付かなかった。

▼ 講評のおまけです。

カタツムリはナメクジから進化したもんだと思っていた。 逆だったんですね。

固い殻を持つカタツムリから殻を脱ぐなんて意味はなさそう。

殻のおかげで乾燥や外敵から守れるのに。。。。。。039.gif

植物や小動物は何を考えてんのか さっぱりとわからん。044.gif
[PR]

by wagayanao | 2013-07-17 20:32


<< どうでもいいこと      夏 >>