我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 23日

外野

6月23日  (月)

ブラジルWカップで影が薄くなっているが、高校野球地区大会が始まった。 齢を重ねるたびに楽しみが減っていくが、駅伝・高校野球・オリンピック・サッカーの国際試合はこれからも楽しみたい。

なんてったって金がかからない。TV観戦でも1・2時間は充分に楽しめるのも理由の一つ。

で、どういうわけだか「サッカー」だけは負けると解説者・マスコミはボロクソに騒ぎたてる。 これだけは勘弁してほしい。

とくに『セルジオ越後』 今 なんでメシくってるか知らんが、負けた試合になれば監督・選手をボロクソにいう。

いくら対戦相手は日本より格下・格上に限らず、日本に勝とうと試合をする。 日本も同じ。

キリンカップのようなタイトルのない練習試合のような試合でも、日本は格下に負けたり、格上に勝ったりもする。 

対ギリシャ戦で一人少ないにも関わらず、日本は点をとれずにザッケロー二監督はDFの吉田を前線に投入し、パワープレーを指示した。 結局 点がとれないまま試合終了。

この采配で後から解説者とサッカー協会がクレームをつけたそうだが、パワープレーのおかげで日本が勝ったなら、どう評価するんだろう。
きっと手のひらをひっくり返して、シュートを決めた選手と監督の采配を称賛しただろう。

ってことは、解説者なんて、いかにもサッカー通の顔をしているが、我々観戦者や視聴率のようなものを稼ぎたいだけのいい人間ばかり。

オリンピックの場合はちと違う。 メダル有望な選手でも(体操や女子ジャンプ)、競技に失敗しメダルを取り損ねてもパッシングなどはない。

高校野球なんてパッシングなんて皆無。 タイムリーエラーで失点しても解説者は、当たりが強いからしょうがありませんね・・・・・とエラーした選手をかばうだけでなく、公式記録になるヒット・エラーもエラーの半分くらいはヒットとして記録される。

まッ スポーツのなかでサッカーだけは、品のない人のほうが、解説者として務まりそう。

今日の新聞記事です。(朝日新聞) ↓

b0193252_20591571.jpg


グタグタと批判ばかり書いてる記事ばかりのなかで、さわやかっていうのか、読んで気持ちのいい記事でした。

潮 智史さんの名を覚えておこう。

外野が騒ぎたてるのは、決していい方向にはいかない。
[PR]

by wagayanao | 2014-06-23 21:04


<< 日本の文化      逃がした獲物 >>