我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 10日

かっこよく

7月10日  (木)

昨日の続きみたいなもんです。 今日もつまらないブログになりそうだ。

なにか事あるたびに、暴動や略奪するシーンが多く映像でみるが、1人・2人なんてパターンは皆無。

日本にも30年ほど前の暴走族はすごかった。 1000台以上の車・バイクで銀座のメーンストリートを暴走。

暴走といっても、猛スピードで突っ走る訳でなく、旗を振り回し、クラクションを鳴らし、助手席や後部席に乗ってる連中はコブシを突きあげ 気勢をあげるだけ。

それを遠巻きにしているパトカーや機動隊・一般市民に優越感に浸っているだけ。

これが一人・二人だったら絶対にできない行為。 集団だから「」意識がなくなる。

このころ流行った標語に『赤信号みんなで渡ればこわくない』ってのがあった。

集団で「罪」意識がなくなると、行動がだんだんとエスカレートしてくる。 略奪で1万・2万の商品を奪いあっているうちに、10万とか高額・大型商品を奪った者はその中で「英雄視」される。

小・中学生のイジメのパターンも同じ。常にイジメル側は多人数で注意されるまでイジメはエスカレート。それに中心人物は英雄視。

安倍総理は具体例をあげながら、『集団的自衛権』を正当な権利で日本国憲法に反しないで行使できると「ゴリ押し」で閣議決定。

北朝鮮は「無法者」ってイメージだが、北朝鮮を集団でイジメルってのも 格好が悪い。

仮に中国・韓国もその対象にすれば、向うも集団的自衛権を発揮すれば、とんでもない戦争になっちまう。



▼ 昔の映画で黒沢明監督の『7人のサムライ』 や西部劇の『荒野の7人』が懐かしく感じる。

どっちも同じストーリーだ。 無法者が村人からの要請で一人・二人と立ち上がり、負けを覚悟して悪者に立ち向かうストーリー。

三船敏郎が格好良かった。

せっかくアウトローの「7人のサムライ」を世界に普及?させたのだから 


サムライジャパン(野球)

ナデシコジャパン(女子サッカー)

ザックジャパン(男子日本代表サッカー)に続き、一匹オオカミのジャパンと個別自衛権を主張した方が かっこええ~~~~ぜ。 安倍さんよ。

アメリカばかりにカッコつけたところで、誰も(よその国も)そう見ていないと思うが・・・・・・・。
[PR]

by wagayanao | 2014-07-10 22:41


<< 通い夫 と ハーレム      一揆 >>