我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 24日

自己診断

7月24日  (木)

きのう、父の3回忌。 方丈様のお経が始まる前に、雑談をしていた。

定光寺は曹洞宗で開祖は「道元禅師」。 で、春に京都旅行に行った時、道元禅師様の詠った「和歌」を写書してきたと自慢を方丈様の前でこいた。

で、方丈様はどこで? という。

お寺ではないし、東山で、(実際は嵐山)、俳優の別荘地みたいで、俳優は丹下左膳で、・・・・・・・といろいろキーワードは出てくるが、建物の名前が出てこない。

方丈様も当方が最初に「東山」といったもんだから、さーて?????というような顔つき。

東山と嵐山では180度違う方向。

そんな訳で、お経の間 ずーっと その建物の名前を思い出していた。 結局 お経が終わり、雑談の最中に思い出し、あっ 「大河内山荘」。 間髪いれずに方丈様は大河内伝次郎の別荘ね。 ときたもんだ。


そんな訳で、当方の痴呆進行度を測ってみました。 ↓

b0193252_21291730.jpg


痴呆度を点数化したもので、評価は5段階

正常・境界・軽症痴呆・中等症痴呆・重症痴呆 とだんだん悪くなる。

当方 60歳にして『中等症痴呆』。 

該当するものに、〇をつけ、5項目の合計得点で判断するものだが、決していい加減に「〇」をつけたわけじゃない。

50点満点で23点だから オレとしてはいい方だったかもしれない。

みなさんも「表」を見ながら痴呆の自己診断をしてみたらいかがでしょう。
[PR]

by wagayanao | 2014-07-24 21:38


<< 日本的文化      句 >>