我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 04日

平和講演

8月4日  (月)

なんで急ぐのかわからんが、憲法の解釈変更であらぬ方向へと舵をきる安倍総理。

アメリカのポチと引き換えにTPP問題を解決しようってのか、アメリカとの足並みがそろっていない。

もう二日も前の講演なので、何を言ったのか?小池市長の発言なのか?五十嵐仁先生の発言だったのかもアヤフヤだ。

鉛筆でも持参し、メモをとれば良かったが証拠は写真だけ。 こんなもんです。 ↓

b0193252_1643287.jpg

b0193252_16431618.jpg

b0193252_16433380.jpg

背広姿は五十嵐仁先生・ワイシャツ姿は小池加茂市長。

五十嵐仁先生はいかつい顔つきだが、冗談ばかりで会場を沸かせるのもうまい。 小池加茂市長の生の声は始めてだが、他市や県とケンカっぽい印象で、過激な発言かと思いきや、意外とソフトな感じで話し、年よりもずっと若く感じる。

集団的自衛権を安倍総理は国会?などでイラストを使ったり、いくつかの事例をあげていたが、見当違いで、子供だましのようだと説明。 (冗談が多いので話のニュアンスは違っています。) 

他国での紛争で邦人を救出する際にアメリカの艦船など要請したりも検討というが、邦人救出は政府の責任であり、この時点で政府は責任を放棄している。

こんなんでいいんでしょうか?

北朝鮮はテポドンなどロケットでアメリカを攻撃する恐れがある。日本上空を飛来するわけだから、日本の基地から迎撃するのは同盟国として許される行為・・・・とか安倍総理はおっしゃる。

よくよく考えて見るとテポドンの射程距離ではアメリカ本土へは届かない。 アラスカかせいぜいハワイまで。

北朝鮮はハワイなんて攻撃目標にしないでしょう。・・・・と先生はいう。

そもそもテポドンなどロケットは垂直に打ち上げ 大気圏外を飛行して目的地に着弾。 

テポンドンの発射を察知し、パトリオットなどで迎撃するって安倍総理はおっしゃるが、パトリオットの射程距離では高高度まで撃ち落とせない。

日本上空のテポドンを撃ち落とすに届かないパトリオットを発射しても、そのまま日本に落ちてくる。かえって危ないですよね。

コトワザにもありますね。『天に唾する』って。

▲ 小池加茂市長は防衛庁時代の裏話。

国産の戦闘機だか舟を開発・製造するに、いいとこまで行ったが、アメリカブッシュ?大統領からの電話一本でひっくりかえった。 共同開発にしましょ って。

今までの苦労が水の泡。 代わりにロケットはうまくいきましたね。 だって~。

中近東なんて いまさごろ自衛隊がノコノコいったところでどうにもならない。 キリストとアラーの神が1000年も昔からイザコザのある地域ですよ。
いかないほうが利口ですよ。

それに中近東諸国は日本びいきの国が多いんだから。 だって、ロシアが侵略し、そのロシアを日本が破ったのだから(日露戦争)。 今のまま~~で  って。
集団的自衛権は、集団敵孤立権になりかねない。

▲ 集団的自衛権でアメリカの真似をしようっていうけれど、イージス艦は日本に6隻。アメリカは80隻以上。
仮に北朝鮮の警戒に自衛隊がノコノコ出かけても、アメリカは、

ボク(日本)の気持ちはわかるけど、邪魔しないでね。 って感じ。

現に集団的自衛権を憲法解釈変更で閣議決定してもアメリカの反応は 「あっ そう」 って感じ。 

邦人救出もそんなのシラネーヨ。日本人の安否なんて。 空席があれば一人・二人の日本は乗せてやってもいいぐらい。 そんかわり請求書は時価の1000倍?

安倍総理はアメリカのポチになろうとする奮闘努力は買うが、オバマさんは冷めた見方ですね~

▲ 小池市長は憲法はアメリカに作られたっていう意見に猛反対。 日本が作ったんですよ。 それも中国・ロシアは猛反対で 憲法9条の第二項に “前項の目的を達するために”を追加・補正の意味でいれたんですよ。 って。

▲ 昨日の朝日新聞「天声人語」です。 ↓

b0193252_17585559.jpg


↑は内容からいって日本国憲法の第一章「天皇」についての議論だろうが、最後のほうに『天孫降臨』がでてくる。

「天孫降臨」は、実話でなく神話での話なので、質問するほうもそれはわかっているはずだが、金森氏は否定も肯定もしないという。

↑ これだけでもアメリカなどの戦勝国が作った日本国憲法ではないことがわかる。 仮に押しつけられた憲法だとしても、国会内外で有識者の検討は充分にされていた。

新憲法ができてまだ1世紀もたたない今、憲法解釈変更とは何事だっていいたい。 世界の情勢は変化するのは当たり前であり、そのつど憲法を変えていったら 日本がなくなってしまう。

まずは、閣僚は憲法を擁護する義務を負うって憲法に書いてあるんだから、解釈変更とか憲法改正は閣僚でなく、義務を負わない国民から発するのが当然な話。
[PR]

by wagayanao | 2014-08-04 17:58


<< 天と地 & 月とスッポン      錦の御旗 >>