我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 07日

ちょっとの差

8月7日  (木)

ちょっとの差で人生大きく変わる。 当方は高校卒業以来、会社は変わったが職業は設備屋で現在まで
なんとか勤めている。

工業高校機械科卒だが、3年生の就職時期に頭が良かったなら、地元の大手機械工場に就職できただろうが、いかんせん、そういった大企業は成績上位のものしか就職できない。

仮に就職できても、今頃はその会社は社名は変わって残っているものの、リストラの対象になり今頃、アルバイトを探している状況だったかもしれない。

安倍総理・麻生副総理・鳩山元総理・石原環境大臣など大きな顔してるが、生まれた家が庶民の家系ならタダの『ツァッツァ』。

見識があり、その重責に見合った人物ならいいが、発言の端々に、田舎の「ツァッツァ」丸出しの言動が見られる。

石原環境大臣は除染廃棄物の処分地は、最後は金目と言い放つ。

麻生副総理は、ドイツのワイマール憲法がいつのまにかナチス憲法に変わってきた。。。。。誰も気づかないその手法を日本も学んだらどうかね。 など言いたい放題。

本来なら、安倍総理は「しかめっ面」をして注意し、両者を更迭するのが常識だろう。

憲法解釈の変更やら、やたら戦争をしたい日本に変えようとする雰囲気が濃厚だ。


日本国憲法 序文

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う。
アンダ―ラインは日本国憲法をいう。

第99条

・・・・・国務大臣・・・・はこの憲法を尊重し擁護する義務を負う。


以上のこと(国民と閣僚との間も)を憲法でしっかりと書いてある。 アラヌ方向へといくはずはないんだが。・・・・・


で、先日 こんな本を買ってきました。 ↓

b0193252_20553542.jpg

[PR]

by wagayanao | 2014-08-07 20:55


<< Noと言えない日本      県民歌 >>