我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 11日

国語

9月11日  (木)

昨日のブログで、中学でも古典の授業があったような、なかったような事を書いた。

で、どう考えても【教わった】覚えがない。 ってことは、その授業中寝ていた?・・・いや そんな事はない。

で、さらに考えてみた。

国語の先生は我がクラスの担任だった。 先生のくせに、ひと癖もふた癖もある、とんでもない先生だった。

きっと こういうことだった んだろう

オメーラみとのレベルの低いのに『古典』なんてのを教えても意味がない。 時間の無駄・無駄と。・・・・・・と、低レベルの授業の繰り返し。

そんな事 平気な先生だった。

そもそも低レベルの生徒だったオレは「国語」なんて、ある程度の漢字を書いて、読めれば必要のない学問。

カ行五段活用だの動詞だの助動詞だの関係ない。 普通に新潟弁で喋ってワイワイ出来れば越したことがない程度だった。

で、今になって、日本語ってのは奥が深い事に気付いた。

3・4日前にブログで書いた『蓮葉』=はすっぱ女は、知識者は常識な単語のようだった。 ↓

b0193252_20255280.jpg


平将門とサムロという尻軽女(はすっぱ女)とHしてる場面です。 『蓮葉』=はすっぱ女を知らなければ、なんだかわからないまま読み過ごしていたところ。

サムロには、もうあの蓮葉さはない。・・・の部分です。

▲ 施行という紛らわしい言葉がある。 新しい法律を〇月 〇日から施行するって意味に使われる漢字だが、工事にタズサワル人間は施工と区別がつきにくい時もある。

↓ の分はどちらも施行の使い方は間違っていません。

★1 この要綱は平成26年9月11日から施行する

★2 給水工事施行指針

どうも低レベルな人間は ★2の施行は施工が正しいと思うが・・・・・・

他に テニスの「錦織」選手と活字にでてくると、ニシキコリ? ニシキオリ? ん? あっニシコリだったと、迷ってしまう。

川内原発もそう。 TVで せんだい原発と言うから、カワウチ と読まないんだな っても思う。 

▲  まッ どうでもいいような国語だが、中学・高校はおろか大学でも教えている。  古典文学にちょっと興味があるが、基礎知識がないもんだから、説明(解説)文付でないと理解できない。

昔つかっていた言葉で今は死語になっている言葉でも、使いたくなる言葉が結構ある。 ↓

今は昔・・・・・ むかし・むかし って意味だが これを使うと品がありそう。

あなかしこ・あなかしこ・・・・・お経で聞く言葉です。 手紙などの末文に女性が使っているそうだが、『恐れ多く存じます』って意味。

いとおかし・・・・・とても趣がある(興味深い)

誰でも聞いた言葉でしょうけど、世知辛い世の中に、癒し系の言葉もOKではなかろうかと・・・・・・。
[PR]

by wagayanao | 2014-09-11 21:05


<< 一刻      月 と お姫様 >>