我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 09日

デジカメ

3月9日  (月)

趣味が高じれば、きりがない。 まッ趣味といってもさまざま。

ちょっとした気分で健康管理やダイエットのつもりで、登山をし、最初は近くの低い山。 だんだんとのめり込み、本格的な登山をする人もいる。

当方もカメラがちょっとした趣味。 といっても専門家のような「F値」 ・ 「ホワイトバランス」 ・ 「逆光」とかの知識は皆無。 

せいぜい「シーン」の設定を変えられる程度。 バカチョンカメラの普及で素人が撮っても、それなりに写っているから助かる。

デジカメの普及で、その場で写り具合を確認できるから大助かりだ。

デジカメ普及前のバカチョンカメラは現像しなければ、良し悪しがわからない。 フィルム代に現像代と「金」がかかるから“バシャバシャ”と 勿体ないので、撮影も慎重だ。

昨日「米山SA」で“バシャバシャ” 撮ってきました。 夕焼けです。 ↓

b0193252_22322710.jpg

b0193252_22323845.jpg


夕陽のオレンジ色がとってもきれい。 残念ながら↑の2枚の写真はそこまで写ってない。

b0193252_2234541.jpg

b0193252_22341973.jpg


↑ の2枚は同じ構図の写真だが、ピントを奥の夕陽と手前の枝に合わせたように写っている。

それは『タマタマ』 当方の安カメラにそんな機能はない。 

デジカメやパソコンなどは、すぐに性能がよくなり、なおかつ値段も高くならない。

メ―カ―も競争で大変だろうが、昔のカメラのように「ピント合わせ」をレンズの前後する単純な機能でいいから復活してもらいたい。

シャッターボタンを「半押し」でピント合わせを自動でやってくれるが、写してるほうから言えば、

そこじゃねぇ~ってば とデジカメに怒鳴りたくもなる。

↓ そこそこに写った写真です。

b0193252_22462100.jpg

b0193252_22461489.jpg

[PR]

by wagayanao | 2015-03-09 22:46


<< 女性蔑視      辞令 >>