我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 13日

なめたらアカン~~~ぜ。

7月13日  (月)

大事な事をする時は、ナメテかかると痛い目にあうのは、古今東西の常識のはず。

故事に『石橋を叩いて渡る』ってのは有名なのだが、集団的自衛権の解釈変更だけで、安倍内閣は強行突破する勢いだ。

最近、阿倍総理はたとえ話で、夜道を歩く時に腕っ節の強い「麻生」君を用心棒代わりに頼み、チンピラに襲われても二人で防御すれば心強い・・・・・・なんて話をネットで配信したという。

そもそもその用心棒は、以前ポロっと本音を漏らしていた。

ドイツのワイマール憲法が国民の知らぬ間に、ナチス憲法に代わっていたという。 そういう手口を真似すればいい・・・・・と。

憲法解釈について、憲法学者に意見を聞いたところ、全員憲法違反という。 人選を誤ったんでしょうか?阿倍総理は。

それに対し、憲法学者と国民の安全を守る義務のある国会とは別次元だという。 だったら憲法学者に税金まで使って意見など聞くなっていいたくもなる。

江戸に幕府を開いた徳川家康は、念には念を さらに念を重ね大阪城に籠る秀頼と淀殿を抹消しようと、あらゆる悪事を重ねた。 大阪城の金銀を消費させるため、各地の神社仏閣の修復に金を使わせたり、釣鐘刻まれた文章を判断させるため、憲法学者ならぬ家康よりの高名な僧侶を5人選び釣鐘の文を調べてもらったという。

『国』という文字が刻印されており、それは家康を愚弄するものと、大阪方に難癖をつけた。

大阪冬・夏の陣では、正々堂々どころか、大阪城内の8割方が家康のスパイ活動だ。 総大将も家康のスパイなら、いくら真田幸村が有能でも勝てるはずはない。

ってわけで、圧倒的多数を誇る安倍内閣が国会を強行採決したとしても、倍返しのしっぺ返し喰うのは明らか。

集団的自衛権に反対してる自民党員が一人いるが、若手議員は今の内に離党した方が(自民党を)徳だろう。

▲ 高校野球新潟大会が始まった。 我が母校である県央工は春大会は準優勝という結果で、第二シードという格別な待遇を受けている。

同じブロックに強豪明訓がいるけども、ベスト8まで楽しめるはずだった。

・・・・・・が・・・・・地球がひっくり返っても負けるはずのない『柏崎高校』に負けてしまった。 それも初戦に。 ↓

b0193252_19502025.jpg


敗因を考えれば、『アウエ―』の戦い。 球場は柏崎市佐藤池球場だったのだ。 

県央工の選手も監督も応援団もPTAも初戦は勝つだろう・・・・・と安泰気分が敗因だ。

なめたら アカン・・・政治も高校野球も 022.gif
[PR]

by wagayanao | 2015-07-13 19:56


<< ピッカ・ピカ のぉ~~~      半世紀 >>