我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ

2013年 06月 05日 ( 1 )


2013年 06月 05日

先祖返り

6月5日  (水)

「先祖返り」って言葉があるが、科学的に証明されているのに使われるのが普通のようだ。

「人を見る」 なんて言葉もあるが これは科学的には証明されていない。

、「人を見る」って言葉をちょいと説明します。

A氏はB君と接するときと、C君と接するときの態度が違うとき、周りの人はA氏は「人を見る」からなあ~。と言われる。

そうなんです。「人を見る」ってことは、自分を標準において、自分より「下」の人間(仮にB君)と上の人間(仮にC君)と差別し、言葉・行動・指図と全然違う言い方をする いやらしい人間の事。

けっこう その手の人間は多い。たぶんにもオレもその部類に入るかも。

▼ そのイヤラシイ性格をもったものが我が家の大自然にいます。
これです。 ↓
b0193252_22473046.jpg

父からもらったサツキです。満開で見頃なんですが、こいつが曲者なんです。

父からもらった時は、1本の木から「赤」・「赤白」・「白」と花が芸をしてるようで、見る人・育てる人を楽しませてくれた。

ところがどうだ。

我が家にくれば だんだんと芸をしなくなり、ここ5・6年 赤一色の花しか咲かなくなった。

これを盆栽愛好者は先祖返りというそうだが、そもそも「先祖返り」するには何代か経るわけだが、父からもらって数年で「先祖返り」もおかしな話だ。

ということは、
このサツキ、 オレをなめてるとしか思えない。 
【植え替えも4・5年に1回。】

【肥料もくれない。】 

【枯れない程度にしか水をくれない。】・・・・・こんな所で芸なんてできるか!!とこのサツキは思ってるに違いない。
まさに「人を見る」サツキなんです。047.gif

花が終わったら、枝や葉っぱを切り刻んで、針金で縛りあげてこらしめてやろう。

このSMじみた行為を盆栽愛好者は「剪定」というらしい。
[PR]

by wagayanao | 2013-06-05 23:07