我が家のパート5

ryoumasana.exblog.jp
ブログトップ

2013年 09月 26日 ( 1 )


2013年 09月 26日

過去形

9月26日  (木)

役所仕事の許認可は、だいたい申請書類を受理した段階で、許可や認可が下りる。

申請物件により1週間とか1カ月を要するが、その期間をかけて審査・決済をするわけでもない。

水道工事など市道など穴を掘る場合、土木・土地改良区・農業委員・警察など関係する行政機関に届けねばならない。

警察を例にとれば、申請書を提出・受理されてから認可まで1週間。 どんなに拝みこんでも、これは不可能。
 
昨日、東電の社長は新潟県知事に安全審査の事前書類?を提出。 報道のとおり、県知事はそれを受理した。

ってことは、新潟県の了解を得たに等しい。 それでも1週間とか審査の時間をかけると思ったが、夕方の報道では、条件付きながらも認めるという。

もう、こうなれば「トントン拍子」。

さすがは一ツ橋大学卒の広瀬社長だ。  広瀬社長に座布団1枚 って感じ。

イザという時、フィルター付きベントで、放射能を撒き散らすことが可能になった。

またまた、タイトルの『過去形』と違う話題になったので、 話題を変えます。

▼ セイタカアワダチソウの侵略には「目」をみはる。

我が家の前の空き地は、「ススキ」がボウボウだったが、今はススキは1本もない。

セイタカアワダチソウにとってかわる。 先週にはオレの身長くらいまで伸びたが、地主に草刈り機に刈られてしまった。

憎まれ者のセイタカアワダチソウも、繁殖戦略を見直したようだ。

除草剤をまかれたり、草刈り機で刈られたりしたんじゃー子孫繁栄どろでない。

背を低くして、人目につかぬよう、それこそ『平身低頭』に徹しようとする作戦にするそうだ?・?・?

名前までも変えた。

セイタカカッタアワダチソウ。
[PR]

by wagayanao | 2013-09-26 19:26